11月5日(金)配信メルマガ「飛び出しトーク」はこちらから



 10月16日(土)のオープンキャンパスに参加の皆さん、ありがとうございました。午後のみの開催でしたが、限られた時間の中で、神奈川工科大学のことを少しでも身近に感じていただけたら嬉しいです。

 高校の2学期中間テストの実施時期と重なったこともあり「参加できなかった」という方もいらっしゃると思います。次回のオープンキャンパスは、11月27日(土)です。今年度最後の開催となりますので、ぜひ、進路研究にご活用ください。


◎<推薦入試ガイダンス>
大勢の方がご参加くださり、これから受験される生徒さんや親御さんの熱心な姿が印象的でした。

推薦入試ガイダンスでは、各推薦入試の要件や面接のポイント、選考の流れなどについて説明がありました。中でも「募集要項に掲載されている『推薦入試で求める学生像と面接内容を確認し、自分なりの答えを練習するなど、しっかりと準備して、面接で熱く語って欲しい」というお話は、受験生の皆さんにとって参考になったことと思います。



◎<見学スタンプラリー&合格祈願グッズプレゼント >
陶芸、鋳造、木工、レーザー加工の各設備を見学して、スタンプを2個以上集めると
オリジナル合格祈願ストラップがもらえます。次回11月27日(土)のオープンキャンパスでも実施する予定です。



土曜の午後ということもあり、クラブ活動や陶芸などでKAIT工房を利用する在学生たちを見かけました。熱心に楽しそうに取り組む姿からは、自由にものづくりが体験できる環境が整っていることの良さが感じられます。
★【第3回ものづくり大賞コンテスト】
今年も幾徳祭が、11月6、7日に開催されます。KAIT工房では「第3回ものづくり大賞コンテスト』を実施します。1年間に在学生が製作した作品を展示し、訪問者に投票して頂き各賞を選定し表彰します。幾徳祭においでの際には、ぜひ、KAIT工房にお立ち寄りください。

●KAIT工房の詳細はコチラ↓
http://www.kait.jp/~kaitkobo/



◎<KAIT Stop the CO2 Project>
学部・学科横断型の新教育プログラム「KAIT Stop the CO2 Project」についての紹介が行なわれていました。LEDランプと従来のランプの表面温度の違いやメリットデメリットについて説明してもらいました。とてもわかりやすかったです。



●KAIT Stop the CO2 Projectは、学部・学科を超えた、4年間一貫のプロジェクトを通して、幅広い視点で環境問題を学ぶことができます。

詳細や活動報告はコチラ↓
http://www.kait-co2.com/


◎<ECO活動>
神奈川工科大学のECO活動の話題を1つご紹介!K2号館の屋上菜園では、ECO活動「チームみどり」が野菜を育てています。

★栄養生命科学科の協力で、調理実習生ゴミ肥料化・菜園育成サイクルを開始しました。10月21日の調理実習からの生ごみ提供量は約4.6キログラムで、乾燥処理を行い、その後、土と混ぜて約2ヶ月熟成後、K2号館屋上菜園用堆肥として利用します。


各学科の特徴や魅力がわかる学科スペシャル。当日取材した中から、印象的な学科スペシャルの様子をご紹介いたします。



オープンキャンパス当日、情報メディア学科・小島研究室は、日本科学未来館で開催されているデジタルコンテンツEXPO2010の『RT2CharaAR Project』に参加していました。

同プロジェクトは、リアルタイムモーションキャプチャシステムを伝送技術で接続し、3Dグラフィックエンジンで統合したキャラクターAR環境を最新のデバイスに表示するというものです。

情報学部棟12階・モーションキャプチャスタジオで記録された在学生の動きのデータは、リアルタイムでデジタルコンテンツEXPO2010の会場に伝送され、会場のモニターに3D映像のクマとなって表示されます。



●デジタルコンテンツEXPO2010
日本科学未来館にて、10月14日~17日に開催されました(終了)。期間中に行なわれたイベントや展示内容については下記よりご覧になれます。
http://dcexpo.jp/



◎<パソコン組立体験>
先生の説明を聞き、手順に従ってにパソコンを組み立てて行きます。参加者たちは、取付け位置やケーブルの色、コネクタの向きなどを、慎重に確認し作業を進めていました。



パソコン組立体験を終えた参加者からは、「手応えがあって面白かった」「もう一度イチから組み立ててみたい」という声が!充実した体験となったようです。


◎<研究展示> 
各研究についての在学生の説明には、入学後どのようなことが学べるのか、どのようなことが研究できるのかなど、参考になることがいっぱいです。


今話題のAndroidケータイを使った遠隔操作の実験が行なわれていました。

研究室に設置されたパソコン(サーバー)からの情報で、Androidケータイで別の階にある研究室の様子が確認できます。

Androidケータイからは、研究室に設置されたパソコン(サーバー)を通して、家電やカーテンなどの操作ができます。赤外線操作が可能なモノであれば、Androidケータイからの操作が可能なのだそうです。

★当日の様子は情報工学のブログにも掲載されています。
http://www.cs.kanagawa-it.ac.jp/blog/

★次回11月27日(土)オープンキャンパスでは「IT体験講座」で実施します。ビジネルアプリを作成するので、興味がある人は、ぜひ、ご参加ください。Androidケータイを使った遠隔操作実験やケータイを用いた授業支援システムの紹介もあります。

◎<研究展示> 水素カーを走らせよう!
自然エネルギーを利用して、水素を作り走らせる水素カー。その仕組みは「燃料電池システム」です。

「燃料電池」は、「電池」と呼ばれていますが、水素と酸素があれば、電気を作り続けられる「発電装置」と言ったほうがふさわしいのだそうです。

水素カーの場合は、水素ステーションの水に電気を通し、酸素と水素に分解。発生した水素を水素カーに補給されます。次に車体内で、補給された水素と酸素を化学反応させることで電気がおこり、水素カーが走るのだそうです。



◎<研究展示>デザイン
研究車両の展示に加え、今回は森研究室で行なわれているデザイン研究の作品が展示されていました。


森研究室の紹介パネルに書かれた「デザインはアートが全てではありません。工学を担う重要なパートです」という一文が印象的でした。



◎<研究室公開&実践プロジェクトの紹介>
ホームエレクトロニクス開発学科の目玉授業「実践プロジェクト」ついて在学生が参加者に説明していました。


◎<電子工作>
参加者たちは、自分のペースでじっくりと電子工作に取り組めたようです。


★次回11月27日(土)オープンキャンパスでは話題の3Dカメラを使い、動画を撮影、その原理の解説もおこないます。また「実践プロジェクト」の実験も体験できます。



◎<お菓子作り体験>
今回の実習体験は、フルーツ大福と抹茶オーレの2品。フルーツ大福は、あんの甘さとキーウィ酸味の相性がよく、クセになる美味しいさです。


白衣と三角巾を着用、靴も調理実習室専用の靴に履き替えての本格的な実習に、栄養生命科学科の授業のイメージを膨らませた高校生も多かったようです。



今回も1年生の在学生がアシスタントとして参加しました。先生方と在学生のチームワークの良さ、また在学生と高校生たちの楽しそうな実習の様子から、栄養生命科学科のなごやかな雰囲気が感じられます。

◇参加者の声 高校2年生女子 
実習で作ったお菓子と抹茶オーレは、とても美味しかったです。先輩が話してくれた受験勉強のことも、学校生活の楽しい様子も、また、調理実習を頑張っているという話なども、どれもとても参考になりました。
●神奈川県より●友達と参加

*今回の体験実習の写真は調理実習室の廊下側ガラスの外より撮影しました。

★次回11月27日(土)オープンキャンパスでは、栄養生命科学科の「入試徹底相談会」を実施します。同学科の教員が個別に対応いたします。

◎<オープンキャンパスと同時開催/ひらめき☆ときめきサイエンス>
オープンキャンパスの同時開催イベントとして、神奈川県内の高校生を迎えてのサイエンス教室が行なわれていました。



★次回11月27日(土)オープンキャンパスでは、「バイオサイエンスセンター」と各研究室を巡る「バイオツアー」を開催します。


オープンキャンパスで活躍中の学生スタッフたち。その活動の一部をご紹介!「去年の今頃は高校生だった」という1年生スタッフもたくさんいます!




これからも高校生の皆さんに、神奈川工科大学の学部学科の魅力を伝え、そして満足してもらえる企画をお届けします!

次回のオープンキャンパスは11月27日(土)12:30~15:30
メインテーマは「自己推薦・一般入試対策 入試直前、準備はこれでバッチリ!」

自己推薦入試ガイダンスでは「過去問題(3ヵ年分)」を進呈します。今年度ラストの開催となりますので、この機会を進路研究にご活用ください。

詳細はこちら→ http://op.kait.jp/new_op/op20101127

☆企画広報課までお気軽にお問合せ下さい。
kikaku@kait.jp

>>メールマガジン登録フォームはこちら