トップページ >> 大学案内 >> 歴史・沿革

歴史・沿革

小さな規模であるが、費用もかからず、空気のよい所で心おきなく勉強できるような学校を作り、社会の恩に報いたい

神奈川工科大学のスタート

「神奈川県の厚木に大洋漁業の所有地が7万坪ばかりある。その半分の3万5千坪をあてて、ここに5年制の工業高等専門学校を建てることにした。学科目は電気、機械、工業化学の3科目、1学級45人という小規模なものだが、半数を収容できるコンクリートの寄宿舎も作る計画で、来年の4月から開校する予定である。

総工費は10億円、大洋が6割、傍系各社が2割、残り2割を中部家が負担する。授業料も官学よりも少し高いくらいのものにする。そして寄付などはとらない。1年間の維持費は初年度が3,000万円くらい、5年間で満員になったときには7,000万円くらいの赤字になる。これは大洋と傍系会社で負担していく。

中部家で10年ほど前から「幾徳会」と称して育英資金を貸与している。延べ人員は4,000人をこえるだろう。この育英会の維持費は大洋と傍系会社が毎年なにがしか寄付してきたのだが、貸付金が返ってくるので寄付金がいらなくなってきた。むしろ中部家が最初に寄付した基本金がふえて、現在は1億数千万円になった。この際、傍系会社の寄付金にいくらかプラスすれば、学校の維持費としてはじゅうぶんだという目算がついた。大洋としてはこれまで各学校に講堂を寄付することにしてきた。明石の県立高校、山口大学、東京水産大学、北海道大学水産学部、長崎大学など5校におよび、あと5校ほどを予定していた。しかし、最近は各学校の講堂も整いその必要性も薄らいできたので、学校建設に乗り換えたわけである。

現在日本では理科系統の学校が少なくて困っている。国でも予算の関係でなかなか思うようにできない。それで小さな規模であるが、費用もかからず、空気のよい所で心おきなく勉強できるような学校を作り、社会の恩に報いたいというのも一つの動機である。 〜略〜」

初代理事長中部謙吉氏執筆の日本経済新聞社「私の履歴書」(昭和の経営者群像第7巻)より抜粋

沿革

昭和37年12月15日 幾徳学園および幾徳工業高等専門学校 設置認可
昭和38年4月1日 幾徳工業高等専門学校を開校
(機械工学科、電気工学科、工業化学科)
昭和50年4月1日 幾徳工業大学を開学
(機械工学科、電気工学科、工業化学工学科)
昭和53年3月31日 幾徳工業高等専門学校を閉校
昭和57年6月1日 電子計算センターを開設
セミナーハウス山中荘開設
昭和60年4月1日 新図書館開館
昭和61年4月1日 機械システム工学科、情報工学科 開設
昭和62年4月1日 幾徳会館開館
昭和63年4月1日 幾徳工業大学を神奈川工科大学と改称
平成元年4月1日 神奈川工科大学大学院工学研究科修士課程を開設
(機械工学専攻、電気工学専攻、工業化学専攻)
第3実験研究棟開設
平成2年4月1日 大学院工学研究科修士課程に機械システム工学専攻を増設
平成5年4月1日 神奈川工科大学大学院工学研究科博士後期課程を開設
(機械工学専攻、工業化学専攻、機械システム工学専攻)
工学研究科修士課程に情報工学専攻を増設
平成5年11月 幾徳学園創立30周年記念式典挙行
平成6年4月1日 大学院工学研究科博士後期課程に電気工学専攻を増設
平成7年4月1日 電気工学科を電気電子工学科に学科名称変更
平成8年4月1日 工業化学工学科を応用化学科に学科名称変更
大学院工学研究科博士後期課程に情報工学専攻を増設
大学院工学研究科修士課程を博士前期課程に課程名称変更
総合実験研究センター開設
平成9年4月1日 (財)大学基準協会の維持会員として加盟登録される
平成10年4月1日 第4実験研究棟開設
ハイテク・リサーチ・センター設置
平成10年9月28日 首都圏西部大学単位互換協定を締結
平成11年4月1日 機械システム工学科をシステムデザイン工学科に学科名称変更
大学院工学研究科電気工学専攻を電気電子工学専攻に専攻名称変更
平成11年10月1日 新学生会館 KAIT HALL開館
平成11年12月10日 放送大学と単位互換協定を締結
平成12年4月1日 福祉システム工学科および情報ネットワーク工学科新設
教育開発センター開設
大学院工学研究科工業化学専攻を応用化学専攻に専攻名称変更
福祉システム工学科実験研究棟開設
経済産業省産業技術総合研究所の5研究所と連携大学院として教育研究協力に関する協定を締結
平成13年1月10日 神奈川県内大学院学術交流協定の締結
平成13年4月1日 情報ネットワーク工学科実験研究棟開設
平成15年4月1日 工学部情報工学科を改組転換し、情報学部情報工学科を開設
平成15年11月 幾徳学園創立40周年記念式典・祝賀会挙行
神奈川工科大学ITビル完成。学生の資格取得支援を強力に推進
平成16年4月1日 ITエクステンションセンター開設
情報学部情報メディア学科を増設
工学部情報ネットワーク工学科を改組転換し、情報学部情報ネットワーク工学科を開設
平成17年4月1日 大学基準協会より認証評価の適合証を受理
平成17年5月12日 国際機械工学プログラムがJABEE(日本技術者教育認定機構)より 認定
平成17年8月10日 平成17年度現代GP(現代的教育ニーズ取組支援プログラム)に採択
平成18年4月1日 工学部を改組再編し、自動車システム開発工学科、ロボット・メカトロニクス学科、応用バイオ科学科を新設。電気電子工学科を電気電子情報工学科に名称変更
システムデザイン工学科、福祉システム工学科の募集を停止
情報学部棟を開設
国際センターを開設
留学生別科日本語研修課程を設置
平成19年3月14日 多目的グラウンド(全天候型トラック、神奈川工科大学KAITスタジアム)を開設
平成19年4月1日 学芸員課程を工学部と情報学部に設置
次世代センシングシステム研究所を開設
平成20年2月13日 KAIT工房を開設
平成20年4月1日 工学部自動車システム開発工学科、同ロボット・メカトロニクス学科、同応用バイオ科学科を改組転換し、創造工学部自動車システム開発工学科、同ロボット・メカトロニクス学科、応用バイオ科学部応用バイオ科学科を新設。
創造工学部ホームエレクトロニクス開発学科を新設。情報学部情報ネットワーク工学科を同情報ネットワーク・コミュニケーション学科に名称変更。
平成20年5月8日 電気電子情報工学科総合的エンジニア養成プログラムがJABEE(日本技術者教育認定機構)より認定
平成21年4月1日 小宮一三 学長に就任
平成22年4月1日 応用バイオ科学部に栄養生命科学科を新設
大学院工学研究科にロボット・メカトロ二クスシステム専攻を設置
平成23年4月1日 大学院工学研究科応用化学専攻を応用化学・バイオサイエンス専攻に専攻名称変更
平成24年4月1日 大学基準協会より認証評価の適合証を受理
平成25年4月1日 小宮一三 学長に就任
平成25年11月22日 幾徳学園創立50周年記念式典挙行
平成26年6月28日 先進技術研究所開設
平成27年4月1日 工学部に臨床工学科を設置
看護学部看護学科を設置

PAGE TOP