トップページ >> ニュース

ニュース

2015.12.10

情報ネットワーク・コミュニケーション学科の4年生が「第5回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム」で奨励賞を受賞しました

2015年6月29日、富山県で行われた「バイオメトリクス研究会」で、情報ネットワーク・コミュニケーション学会4年の佐藤大悟さん(指導教員:岡本剛准教授)が発表した論文(論文題目:USB型指紋認証装置からの指紋画像窃取のセキュリティ評価)が、2015年11月11~12日に開催された「第5回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム」で、研究奨励賞を受賞しました。

<佐藤さんの受賞コメント>
現在、個人の特徴を用いた認証であるバイオメトリクス製品の低価格化が進み、中小企業や我々一般のユーザーも手軽に導入をすることができます。しかし、製品の通信から生体情報が盗まれ、悪用される恐れがあるため、セキュリティ評価を行いました。今回、その研究で奨励賞を頂けたことは非常に光栄でこれからも精進していきたいと思っております。

PAGE TOP