トップページ >> 学生生活 >> 学生サポート

学生サポート

基礎教育支援

高校までの勉強に不安がある、そんなあなたのために、神奈川工科大学では「基礎教育支援センター」を開設しています。センターでは、高校で習う「数学」「物理」「化学」「生物」「英語」の5教科をベテランチューターが個別指導しています。
オリジナルサイト

基礎教育支援センターについて
オープン時間 月曜日〜金曜日 11:00〜18:00
スタッフ 専属チューターを配置。毎日6〜10名が常駐しています。

※無料で利用できます。予約も不要なので、学びたいと思ったら気軽に利用できます。

資格取得支援

企業における社員採用時において、資格取得を採用条件としている会社、あるいは資格取得者にプラス評価を行う会社、また入社後に特定の資格取得を義務づける会社や資格取得などのスキルアップを奨励する会社など、個人の資格取得などのスキルアップを重視する時代といえます。
大学時代のスキルアップは「資格を取ろう!という積極性」「資格取得に向けた努力」「資格に関わる分野の基本を身につけている」といった視点で、就職活動に有利と考えられます。

神奈川工科大学の資格取得支援

ITエクステンションセンターにて、資格取得のための支援講座を開講しています。受講に際しては、大学が経済的アシストを行い、学部学科の勉強に加え、資格取得を含めたスキルアップをめざす学生をサポートします。

ITエクステンションセンター

本学の最寄り駅「本厚木駅」から徒歩3分に位置するITエクステンションセンター。資格取得支援講座の開講のほか、社会人、企業人、市民の方々を対象としたITを中心とした教育を本格的に実施しています。

資格取得支援講座

資格取得をめざす人のサポート制度

資格取得のために勉強する学生の皆さんの経済的負担をできるかぎり軽減するために、経済サポートを実施しています。

  1. 【STEP1】ITエクステンションセンターの資格取得対策講座は、一般の資格専門学校で設定されている正規受講料の70%程度の受講料で開講しています。
  2. 【STEP2】クーポンチケットを利用する「バウチャー制度」を利用すれば1講座あたり、5,000円から10,000円の減額が可能です。
  3. 【STEP3】受講生への「奨励制度」として、講座出席率80%以上で、さらに5,000円から10,000円の奨励金を給付しています。
  4. 【STEP4】資格試験を受験し、資格を取得した場合には、受験料全額を給付しています。

合格保証制度

資格試験に合格できなかった場合には「合格保証制度」を利用し、再度受講することができます。受講料の免除または割引が受けられ、取得できるまでサポートします。

学生の個別相談に対応するサポート

神奈川工科大学ではさまざまな個別相談サポートを行い、勉学面・心身面から友人づくりまで、学生生活のあらゆる悩みに対応しています。主なサポートを紹介します。

オフィスアワー

授業時間外の一定時間、教員が教員室をオープンにして、学生のあらゆる相談に応えるサポートです。

クラス担任制度

3年生までを対象にクラスを編成し、担任の教員をおいて、学生生活のすべての相談に対応しています。学生同士の親睦を深めるために、懇親会も行われています。

学科の学習相談室

授業での疑問点、履修プラン、資格試験など、学習上のあらゆる相談に対しては、各学科でもそれぞれに相談室を設けてサポートを行っています。ただし、学科により実施方法は異なります。

学生相談室

本学の学生相談室では学生からの相談を「待つ」だけではなく、「働きかける」相談室を目指してさまざまな取り組みを行っています。例えば、先輩や後輩、他学科の学生とも親しくなれる「出会いネットワーク」や、学内で実施している健康診断時を利用した「心健康チェック」を実施しています。このチェックで気にかかる学生がいた場合には電話による相談も実施しています。
また、学業面の悩みがある場合は学内サポートである基礎教育支援センターや学習支援室、学科の専門教員主催の相談室へと学生たちをつなぎます。
心身の問題を抱えている様子が見られる学生の場合は、保護者や学内外のサポートシステムにつなげていくことも、大切な役割として取り組んでいます。

健康管理室

健康に関する相談や身体測定、負傷・病気の応急処置などを行っています。また、近隣の病院と提携しており、週に一度、院長が健康管理室に待機します。

PAGE TOP