トップページ >> ニュース

ニュース

2015.12.02

第38回照明学会東京支部大会でホームエレクトロニクス開発学科の学生が最優秀発表者賞を受賞しました

11月30日(月)、第38回照明学会東京支部大会で、ホームエレクトロニクス開発学科三栖研究室の卒業研究生が発表を行い、電気電子工学専攻博士前期課程2年の安藤夏生さんが発表した「紫外線LEDを使用した白色光源の検討」が最優秀発表者賞を受賞しました。

全発表件数は24件で、(研究開発部門の発表件数14件、デザイン10件)研究開発部門から最優秀発表者賞が1件、優秀賞が2件選出されデザイン部門では、それぞれ1件ずつ選出されました。
ホームエレクトロニクス開発学科では、機会があれば、学部生のうちから学会発表を行い、貴重な経験を積んでいます。

■発表者と発表題目
<電気電子工学専攻博士前期課程2年(三栖研究室所属)>
発表者:安藤夏生さん
発表題目:「紫外線LEDを使用した白色光源の検討」
       最優秀発表者賞を受賞

<ホームエレクトロニクス開発学科4年(三栖研究室所属)>
発表者:前之園彩さん 完山朋美さん
発表題目:「照射範囲変更可能なデザイン照明器具の検討」

発表者:小野寺諒さん 藤原颯馬さん
発表題目:「デジタルカメラを用いた照度計測環境の構築」

発表者:須藤大樹さん 大石貴信さん 山口泰裕さん
発表題目:「導光板とフェード点灯回路を用いたLED和風キャンドルデバイスの開発」

<関連サイト>
照明学会東京支部大会HP
https://www.ieij.or.jp/shibu/tokyo/info2015/151130shibutaikai.html

PAGE TOP