トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 情報学部 >> 情報学部 情報工学科

情報学部 情報工学科

概要

情報工学は、電気、制御、数理などの工学分野と密接な関係を持ち、さらに、生命科学、社会科学、人文科学、経営科学をも基盤とします。また、極めて広範囲の応用分野を持つ特性を踏まえ、各種のシステム・ソフトウエア技術を機軸とする高度な専門性とともに、多方面の専門家と協調しつつ問題解決を図るコミュニケーション力と、深い教養と幅広い視野を身につけた創造性豊かな情報技術者を養成することを目的とします。

教育


動画で紹介「情報工学基礎ユニット」

情報基盤(+資格)系

プログラミングの基礎を中心にコンピュータの利活用を推進できるエンジニアを養成する系統です。また開発されたシステムをユーザに分かり易く教えることができる資格を持った人材をも育成します。
【将来は】フィールドエンジニア、サービスエンジニア、OAインストラクタ
【主要科目】C言語基礎ユニット、情報工学リテラシー
【資格取得支援】初級・中級・上級IT国家資格支援講義

システム構築系

コンピュータのハードウェアや基本ソフトウェアに関する豊富な知識を用いてシステム構築やシステム運用管理・保守を行うエンジニアを養成する系統です。
【将来は】システムインテグレータ、ネットワークエンジニア、運用管理・保守エンジニア
【主要科目】ネットワークセキュリティ、データベース管理論、システム管理論

ソフトウェア開発系

ネットショッピングのように安全性と信頼性が求められるシステムや、クラウドコンピューティング時代の大規模システムを開発するエンジニアを養成する系統です。
【将来は】システムエンジニア、プロジェクトマネージャ
【主要科目】ソフトウェア工学、WEBプログラミング、経営情報システム

知能情報系

スマートフォンや自動車、情報家電などで使われている知的で高度なソフトウェアの開発やマルチメディアデータを扱うエンジニアを養成する系統です。
【将来は】AIエンジニア、IoTエンジニア
【主要科目】人工知能基礎論、画像処理工学、ソフトコンピューティング

情報化社会のニーズに応える高度ITエンジニアの育成

情報化社会が進展し、広い領域でコンピュータが使われるようになっています。その中では、例えば身体が不自由な方へ情報技術を利用してサポートするシステムの開発も求められています。本学科では、機械読唇やスマートフォンでの点字入力、手話の自動認識など、フジテレビや日本経済新聞などでも取り上げられた研究活動を通じて、社会の要求に対応できる、社会で必要となる人材の育成に取り組んでいます。

情報学部3学科共通コース

スポーツ情報科学コース

情報技術の基礎・応用を学ぶとともに、身体・運動分野の基本知識とスポーツに関わる情報科学を学び、スポーツ分野で情報技術を活かせる仕事に就けるICT能力を持った人材の養成をめざします。

サウンドコミュニケーションコース

情報技術をベースに、音楽や言葉を通じ、的確にメッセージを伝えることのできるクリエーター(表現者)やサウンドエンジニアを育てます。音を通して、作品や舞台の魅力をひきだすことのできる人材をめざします。




【ICTスペシャリスト特別専攻】

ICTスペシャリストとして活躍できる人材を養成することを目的に作られた特別専攻です。情報技術全般の要素技術、専門分野の高度な知識を学び、最新のICT情報の提供などを得ながら、ICTスペシャリストとしての総合力を身につけます。

資格取得サポート

IT関連の資格取得をめざす科目を配置しています

情報工学科では、資格取得に目的を絞り、さまざまな演習を取り入れた科目を多数用意しています。「中級IT国家資格取得支援講義」や「上級IT国家資格取得支援講義」では、各試験ともに合格を目標として、過去頻出問題や今後出題が予想される問題の演習を行います。「上級IT国家資格取得支援講義」では「応用情報技術者試験」や「情報セキュリティスペシャリスト試験」などの検定試験をめざした演習を行います。ITパスポート試験や基本情報技術者試験などの高度な試験合格者には2単位が認定され、受験料の全額補助制度が適用されます。


取得可能な教員免許状

・高等学校教諭一種免許状 情報
・高等学校教諭一種免許状 工業

施設紹介

情報分野の学習拠点「情報学部棟」

情報学部棟では、高速・大容量のネットワーク環境の下、本格的なスタジオや最先端の実験・研究設備、学びのサポート施設など、あらゆる面から研究に集中できる環境が整っています。情報学部の教育・研究を集約し、「情報分野を学ぶなら、神奈川工科大学」を具現化した高水準の研究・教育棟です。

ハード・ソフト実験室

実験室のパソコンは、Windows7、Linuxなど複数のOSに対応し、実験の内容に応じて切り替えて使用できます。

PAGE TOP