トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 情報学部 >> 情報学部 情報工学科

情報学部 情報工学科

概要

情報工学は、電気、制御、数理などの工学分野と密接な関係を持ち、さらに、生命科学、社会科学、人文科学、経営科学をも基盤とします。また、極めて広範囲の応用分野を持つ特性を踏まえ、各種のシステム・ソフトウエア技術を機軸とする高度な専門性とともに、多方面の専門家と協調しつつ問題解決を図るコミュニケーション力と、深い教養と幅広い視野を身につけた創造性豊かな情報技術者を養成することを目的とします。

教育


動画で紹介「情報工学基礎ユニット」

情報基盤(+資格)系

プログラミングの基礎を中心にコンピュータの利活用を推進できるエンジニアを養成する系統です。また開発されたシステムをユーザに分かり易く教えることができる資格を持った人材をも育成します。
【将来は】フィールドエンジニア、サービスエンジニア、OAインストラクタ
【主要科目】C言語基礎ユニット、情報工学リテラシー
【資格取得支援】初級・中級・上級IT国家資格支援講義

システム構築系

コンピュータのハードウェアや基本ソフトウェアに関する豊富な知識を用いてシステム構築やシステム運用管理・保守を行うエンジニアを養成する系統です。
【将来は】システムインテグレータ、ネットワークエンジニア、運用管理・保守エンジニア
【主要科目】ネットワークセキュリティ、データベース管理論、システム管理論

ソフトウェア開発系

ネットショッピングのように安全性と信頼性が求められるシステムや、クラウドコンピューティング時代の大規模システムを開発するエンジニアを養成する系統です。
【将来は】システムエンジニア、プロジェクトマネージャ
【主要科目】ソフトウェア工学、WEBプログラミング、経営情報システム

知能情報系

スマートフォンや自動車、情報家電などで使われている知的で高度なソフトウェアの開発やマルチメディアデータを扱うエンジニアを養成する系統です。
【将来は】AIエンジニア、IoTエンジニア
【主要科目】人工知能基礎論、画像処理工学、ソフトコンピューティング

情報化社会のニーズに応える高度ITエンジニアの育成

情報化社会が進展し、広い領域でコンピュータが使われるようになっています。その中では、例えば身体が不自由な方へ情報技術を利用してサポートするシステムの開発も求められています。本学科では、機械読唇やスマートフォンでの点字入力、手話の自動認識など、フジテレビや日本経済新聞などでも取り上げられた研究活動を通じて、社会の要求に対応できる、社会で必要となる人材の育成に取り組んでいます。

副専攻プログラム

情報学部では社会が求める教育ニーズに応えるため、情報学部3学科の学生が自らの意欲と学力に応じて選択できる、学科横断型および領域深耕型の2つの副専攻プログラムを用意しています。取得単位やGPAで一定の基準を満たしている場合、2年次においていずれかのプログラムに所属することが可能となります。副専攻プログラムには所属した学生のみが履修できる講義やセミナー等が用意され、これらの科目に合格した学生にはプログラム修了証が授与されます。

※このプログラムは2020年度入学生より開始いたします。
科目名・内容は一部変更となる場合があります。

AI & IoT 副専攻プログラム(学科横断型)

3学科の領域を超えて社会が求める技術を広い視点から学ぶプログラムです。各所属学科での学びに加え、データサイエンスの教育をベースとしてAI(Artificial Intelligent: 人工知能)とIoT(Internet of Things: モノのインターネット)に関連する技術を学びます。情報工学科、情報ネットワーク・コミュニケーション学科、情報メディア学科の全ての学生が所属可能なプログラムです。

【AI & IoT 副専攻プログラムの主な科目】
人工知能基礎論

人工知能の基礎知識と体系の理解を目的として、主要な技術と実践方法について広く学修します。

機械学習

人工知能を構成する主な要素として飛躍的に進化している機械学習に関する基礎知識について学習します。身の周りの課題をどのような枠組みで捉えればよいかという課題発見につなげます。

データサイエンス基礎

データ分析に必要な統計学、数学、計算機科学の基礎を中心として、大量のデータから意味のある情報を導き出す手法について学修します。また各処理の実際の計算方法についても理解を深めます。

情報ネットワークセキュリティ

IoTに必須である情報ネットワークセキュリティの基礎的な考え方を習得し、基礎的な数学的知識からインターネット応用技術まで理解できる力を身につけます。また、情報ネットワークセキュリティとシステム運用に関する基本技術を学修します。

電子認証

情報ネットワークセキュリティの基本である公開鍵暗号方式及び公開鍵暗号基盤(PKI)を中心に、それらを支える法制度やマネジメントに至る部分までを学修します。通常インターネットで使う暗号・認証技術や、個人情報保護についても学修します。

スポーツ情報科学 副専攻プログラム(領域深耕型)

特定の領域について、さらに深く専門的に学ぶプログラムです。このプログラムに所属できるのは情報工学科および情報メディア学科の学生のみです。情報工学科での学びに加えて、スポーツ情報科学と呼ばれる、スポーツ分野で利用されている情報技術分野をより深く学びます。

【スポーツ情報科学 副専攻プログラムの主な科目】
スポーツ科学

競技のためのスポーツ、健康のためのスポーツについて、科学的観点から考察します。運動生理、スポーツバイオメカニクス、スポーツトレーニングの科学、スポーツと栄養管理、スポーツと健康増進を学修します。

スポーツ計測処理

運動することによって変化するさまざまな生理学的データの計測法およびデータの処理法を学修します。また、生理学的データとスポーツ活動との関連を学び、競技力向上や健康増進のためのデータ活用法を学修します。

スポーツ情報分析

ゲーム(試合)における選手個人やチームのデータを蓄積して、それを分析することでゲーム戦術に活かすことができます。このようなスポーツ競技で得られる情報から、戦術を生み出す方法をさまざまなスポーツを例に学修します。

スポーツ情報科学概論

近年の競技力向上や健康増進を目的としたスポーツの分野においては、さまざまな情報技術が用いられています。そこでこの授業では「スポーツ情報科学」の基礎となる情報技術とその応用について理解を深めます。

スポーツ統計解析

野球をはじめ、サッカー、バスケットボール、バレーボールなど数多くのスポーツでさまざまなデータ収集や統計分析が行われ、戦術解析や選手評価に利用されています。このような統計解析の基礎を、実例も用いながら学修します。

スポーツ音響学概論

聴覚情報を最大限に活かした競技力向上に向けて、スポーツ競技から発生される音(バッドの打球音、衝撃音など)及び、生理計測(心拍や発汗)、身体計測データにもとづいて、新たな視点から競技力向上に貢献を図るための基礎知識を学びます。さらに、聴能力向上アプリの開発等の能力、競技力の響きに配慮した音環境デザイン、音響デザイン手法なども実践を通して広く学びます。




【ICTスペシャリスト特別専攻】

ICTスペシャリストとして活躍できる人材を養成することを目的に作られた特別専攻です。情報技術全般の要素技術、専門分野の高度な知識を学び、最新のICT情報の提供などを得ながら、ICTスペシャリストとしての総合力を身につけます。

資格取得サポート

IT関連の資格取得をめざす科目を配置しています

情報工学科では、資格取得に目的を絞り、さまざまな演習を取り入れた科目を多数用意しています。「中級IT国家資格取得支援講義」や「上級IT国家資格取得支援講義」では、各試験ともに合格を目標として、過去頻出問題や今後出題が予想される問題の演習を行います。「上級IT国家資格取得支援講義」では「応用情報技術者試験」や「情報セキュリティスペシャリスト試験」などの検定試験をめざした演習を行います。ITパスポート試験や基本情報技術者試験などの高度な試験合格者には2単位が認定され、受験料の全額補助制度が適用されます。


取得可能な教員免許状

・高等学校教諭一種免許状 情報
・高等学校教諭一種免許状 工業

施設紹介

情報分野の学習拠点「情報学部棟」

情報学部棟では、高速・大容量のネットワーク環境の下、本格的なスタジオや最先端の実験・研究設備、学びのサポート施設など、あらゆる面から研究に集中できる環境が整っています。情報学部の教育・研究を集約し、「情報分野を学ぶなら、神奈川工科大学」を具現化した高水準の研究・教育棟です。

ハード・ソフト実験室

実験室のパソコンは、Windows10、Linuxなど複数のOSを起動でき、実験の内容に応じて切り替えて使用できます。加えて、MATLAB、Maya、Unity、Photoshopなど、高機能なソフトウェアを誰でも使うことができます。

PAGE TOP