トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 情報学部 >> 情報学部 情報ネットワーク・コミュニケーション学科

情報学部 情報ネットワーク・コミュニケーション学科

概要

インターネットや携帯電話をはじめとする日常生活の重要な社会基盤である情報ネットワークのさらなる高度化を実現する担い手として、情報処理基礎技術とネットワーク技術およびその応用技術の全てに精通した、新しい情報ネットワーク技術者を養成することを目的とします。

教育


動画で紹介「情報ネットワーク基礎ユニット」

ネットワークコース

私たちが日常的に利用しているインターネットや携帯電話で、メールや映像などがどのように伝えられているのか、情報ネットワークの原理から最新技術までを学びます。

  1. ・次世代ネットワーク
  2. ・携帯・移動通信
  3. ・仮想ネットワーク

セキュリティコース

ウィルス対策、個人認証、暗号技術など、安全な情報社会の構築に必要なネットワークセキュリティ技術、情報セキュリティ技術、およびセキュリティの管理技術を学びます。

  1. ・情報漏洩対策
  2. ・ウィルス防御
  3. ・電子認証技術

アプリケーションコース

ブログ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、ネットショッピングなど、Web、インターネットを用いて、人と人、人と社会、人と仮想空間を結ぶコミュニケーションの実現に必要な知識、技術を学びます。

  1. ・映像通信技術
  2. ・バーチャルリアリティ(VR)
  3. ・ソーシャルネット

時代のニーズの先をゆくカリキュラム

情報ネットワーク技術は、今後ますます多様な分野での活用が予想されています。それに応えるためにも、本学科では「ネットワーク技術」「セキュリティ技術」「これらを応用したコミュニケーション技術」の3分野に渡る専門科目を幅広く用意し、すべての分野の基礎をしっかりと身につけるとともに、興味ある分野を深く専門的に学べるプログラムを組んでいます。

少人数制授業で実力アップ!

実践力の育成と、より自主的な学習態度を身につけてもらうことを目的に、少人数のセミナーを開講しています。1人の教員に対し10名前後の学生が、研究や調査を長期間に渡って行います。決められた手順を指示通り行うのではなく、各自が自ら考え、試し、目的達成に向けて進むことで、ネットワーク分野での研究の本当のおもしろさを実感することができます。

資格取得で確かな力をつける

ネットワーク技術者に欠かせないシスコシステムズ社の資格取得のために、無料の支援講座を開講しています。このほかにも就職に役立つ資格は単位として認定されるので、将来に役立つ確かな力を身につけることができます。
【ネットワーク技術資格取得支援】シスコシステムズ認定資格取得支援講座
ルータなどのネットワーク機器の開発で世界トップシェアを誇るネットワーク機器メーカー、シスコシステムズ合同会社が認定する資格を取得するための支援を行っています。この講座は、シスコシステムズの教育プログラムに準拠しており、小規模LAN構築の基礎知識と、ネットワーク機器の設定方法を習得できるようになります。

副専攻プログラム

情報学部では社会が求める教育ニーズに応えるため、情報学部3学科の学生が自らの意欲と学力に応じて選択できる、学科横断型および領域深耕型の2つの副専攻プログラムを用意しています。取得単位やGPAで一定の基準を満たしている場合、2年次においていずれかのプログラムに所属することが可能となります。副専攻プログラムには所属した学生のみが履修できる講義やセミナー等が用意され、これらの科目に合格した学生にはプログラム修了証が授与されます。

※このプログラムは2020年度入学生より開始いたします。
科目名・内容は一部変更となる場合があります。

AI & IoT 副専攻プログラム(学科横断型)

3学科の領域を超えて社会が求める技術を広い視点から学ぶプログラムです。各所属学科での学びに加え、データサイエンスの教育をベースとしてAI(Artificial Intelligent: 人工知能)とIoT(Internet of Things: モノのインターネット)に関連する技術を学びます。情報工学科、情報ネットワーク・コミュニケーション学科、情報メディア学科の全ての学生が所属可能なプログラムです。

【AI & IoT 副専攻プログラムの主な科目】
人工知能基礎論

人工知能の基礎知識と体系の理解を目的として、主要な技術と実践方法について広く学修します。

機械学習

人工知能を構成する主な要素として飛躍的に進化している機械学習に関する基礎知識について学習します。身の周りの課題をどのような枠組みで捉えればよいかという課題発見につなげます。

データサイエンス基礎

データ分析に必要な統計学、数学、計算機科学の基礎を中心として、大量のデータから意味のある情報を導き出す手法について学修します。また各処理の実際の計算方法についても理解を深めます。

情報ネットワークセキュリティ

IoTに必須である情報ネットワークセキュリティの基礎的な考え方を習得し、基礎的な数学的知識からインターネット応用技術まで理解できる力を身につけます。また、情報ネットワークセキュリティとシステム運用に関する基本技術を学修します。

電子認証

情報ネットワークセキュリティの基本である公開鍵暗号方式及び公開鍵暗号基盤(PKI)を中心に、それらを支える法制度やマネジメントに至る部分までを学修します。通常インターネットで使う暗号・認証技術や、個人情報保護についても学修します。




【ICTスペシャリスト特別専攻】
ICTスペシャリストとして活躍できる人材を養成することを目的に作られた特別専攻です。情報技術全般の要素技術、専門分野の高度な知識を学び、最新のICT情報の提供などを得ながら、ICTスペシャリストとしての総合力を身につけます。

資格取得サポート

資格試験を想定した演習を展開

情報ネットワーク・コミュニケーション学科では、資格取得をさまざまな形で後押ししています。特に「ITパスポート試験」や「基本情報技術者試験」など、システムエンジニアに必要不可欠な資格試験に向けては、「ネットワーク工学」等の講義において、これら資格試験の問題を想定した演習を取り入れることで、スムーズに資格受験ができるようにしています。


取得可能な教員免許状

・高等学校教諭一種免許状 情報
・高等学校教諭一種免許状 工業

施設紹介

本学科の学びのメインステージ、情報学部棟

大容量のネットワーク環境の下、最先端の実験・研究設備や、安心のセキュリティシステム、本格的なスタジオも備え、充実の学びをサポートします。情報ネットワークの未来を、ひと足早く体感してください。

バーチャルリアリティ実験室

正面、左右、床面に設置された大型スクリーンに3D映像を映し出し、3次元映像技術・音響技術を中心とした仮想空間を作り出すための実験を行っています。

ヒューマンメディアセンター

現実空間と同じリアリティを持ち自然な形でのバーチャルコミュニケーションを実現させる「次世代ヒューマンメディア」を研究する施設。文部科学省「学術フロンティア推進事業」に選定されたバーチャル研究の活動拠点です。

PAGE TOP