トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 工学部 >> 応用化学科

工学部 応用化学科

概要

応用化学は多岐にわたる産業基盤技術の礎であり、なおかつ学際、専門領域の基礎となる学問です。そのため、応用化学諸分野(生物化学、医薬有機合成、環境化学、エネルギー化学)で必須となる基礎知識の習熟と応用力を養成し、さらに社会の要請に沿った柔軟な発想力と優れたコミュニケーション能力を有する科学技術者を養成することを目的とします。

教育


動画で紹介「サイエンスコミュニケーション/生活と環境の化学」

総合化学エンジニアコース

総合化学エンジニアコースは、日本技術者教育認定機構(JABEE)の基準に沿った教育を実践することを目指して設けられたコースです。
基礎学力重視の立場からコースへの配属は入学直後に行い、ある特定の分野で学問を深く追究する目的から、3年次に4つの専門プロジェクトの内の1つのプロジェクトを選択し、そのプロジェクトに配当された専門科目および関連する専門科目の中から、4科目以上を集中的に履修します。

化学応用コース

化学応用コースは化学の専門分野を幅広く学び、応用力を身につけたジェネラリストを育成します。現在は、あらゆる産業が化学の力を必要としています。そのため、化学を学びそれをどのような分野でも応用できる人材が求められています。化学応用コース履修生は、化学の基礎を理解しつつ、専門分野を幅広く学び、化学全般に対してワイドな視野を身につけます。
コース履修生は専門プロジェクトの制約を受けることなく、興味のある科目を履修します。そのため、カリキュラムを自ら定め、将来像を照らし合わせながら、カリキュラムを履修することになります。

あらゆる科学をカバーする4つの専門プロジェクト

環境化学プロジェクト

有害化学物質による環境汚染問題の解明や、環境汚染物質の除去方法の開発など、環境の現在を知ることから、修復する方法論を構築することや、環境負荷の少ない新たな化学システムを考案することを行っています。

エネルギー化学プロジェクト

クリーンなエネルギー源をもとめて様々な化学エネルギーの開発を行っています。燃料電池や色素増感電池など化学の力を利用した新たなエネルギー源の創製や、その効率化を行っています。またエネルギーの有効活用に向けあらたなシステムの開発を行います。

医薬有機合成プロジェクト

副作用の少ない医薬品の候補化合物や、抗がん剤の候補化合物について、その化学構造をデザインし、実験で効果を確かめる研究を行っています。医薬品の種となる新たな化合物の合成、医療現場で用いられるポリマーの研究などを中心に、ヒトに役立つ新たな化合物を提案します。

生物化学プロジェクト

生体の有する機能を使って、新たな化学計測システムの構築や、抗がん活性を有する菌糸体の培養方法の開発など、生体の機能を最大限に活用する化学を展開しています。また、がん細胞を用いた抗がん活性物質の検索なども行います。

サポート体制

学生10名前後に対して教員1名の担任制をとっています。一人ひとりに目が届く綿密なサポート体制により、学生生活に対する不安を少しでも和らげることができるよう、教員が一体となって支援しています。



授業につまずいても「何でも質問室」があります。高校までの基礎的なことなら基礎教育支援センターにて、専属スタッフが納得のいくまで教えてくれます。 さらに基礎、専門にかかわらず授業のことでの不明点なら「何でも質問室」で教員に聞いてください。本学科の教員が3名以上常時対応しています。




【医生命科学特別専攻】

医生命科学の分野で活躍できる人材を育成します。生命科学に特化し、応用化学科の強みである幅広い化学の側面から、医化学や医生命科学に関する高度な知識を修得、産業界への優秀な人材を輩出することをめざしています。

資格取得サポート

国家試験「技術士」第1次試験が免除される総合化学エンジニアコース

2006年に技術者のグローバル化に対応するべく、応用化学科に総合化学エンジニアコースを設置しました。このコースは日本技術者教育認定機構(JABEE)による認可を受けたプログラムです。コース修了生には国家資格「技術士」の第1次試験が免除される「修習技術者」の資格が与えられます。


取得可能な教員免許状

・中学校教諭一種免許状 理科
・高等学校教諭一種免許状 理科
・高等学校教諭一種免許状 工業

施設紹介

「応用化学科棟」に加え、「電気・化学実験棟」が完成し、教育と研究環境がより充実しました。1・2階に分析化学実験・合成化学実験・物理化学実験・応用化学実験を行うための応用化学科実験室を設置。緑豊かな環境のもと、応用化学科棟とともに実験に集中できる施設として大いに活用できます。


PAGE TOP