トップページ >> 大学の取り組み >> 大学基準に適合 >> 平成16年度大学基準に適合

大学基準に適合

第1回評価結果(平成16年度受審)

Japan University Accreditation Association

2003年の法律改正によって、日本のすべての大学は、国が認定する大学評価機関による審査を、向こう7年の間に受けることが義務づけられました。大学基準協会は、この法律改正で誕生した初の公的な大学評価機関であり、2004年度に実施された、日本で初めての公的な「大学評価」による認定を受けたのは、公私立あわせて33大学となりました。本学は、そのうちの1大学です。

審査の結果、本学は

  • ・基礎教育支援センターによる効果的な基礎指導
  • ・習熟度別カリキュラムの設定など、きめ細かい教育
  • ・奨学金制度の充実や施設・設備の充実による学生サポート
  • ・満足度の高い就職を実現するためのキャリア支援体制の充実
  • ・飛び級制度や、学部への科目開放制度などを導入している大学院改革の取り組み

などを含む20項目が、「長所として特記すべき事項」として高く評価されました。学生一人ひとりの個性と創造性を重視した少人数教育を理想に掲げ、早期から取り組んできた改革の成果が、公的に評価されたものといっていいでしょう。
神奈川工科大学は、より魅力的で質の高い大学として、学生一人ひとりの力を引き出し、問題発見型エンジニアを育て続けていくために、これからも改革に挑戦していきます。

お問い合わせ

PAGE TOP