トップページ >> 大学案内 >> 学部・学科等の教育目的、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッションポリシー

学部・学科等の教育目的、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッションポリシー

基礎・教養教育

【教育目的】
基礎科目、教養科目を通して、工学系、情報系、バイオ系の専門教育を学ぶための共通の基礎的な知識を身に付け、また、社会人として生きていくための教養をもち、自分で物事を考えていくことのできる能力を身に付けることを目的とする。

工学部

【教育目的】
「工学の基幹となるべき基礎的分野を充分に教授し、併せてグローバル化を志向する」ことを柱とし、さらに、人類の要望と、地球・地域環境の保全、エネルギー源の確保など、国際的な課題についてイノベーションが求められており、工学技術の新しい展開に関して基礎から応用へ向けて創造性を身につけた人材を養成することを目的とする。

機械工学科

【教育目的】
豊かな教養と幅広い視野をもち、創造性豊かで探求心あふれる機械技術者を養成することを教育方針とする。また、技術者としての社会的責任と倫理観をもち、急変する地球環境の保全やグローバル化・高度化する工業製品の開発・設計・生産に貢献できる技術者を養成する。さらに、機械工学の基礎知識を十分に身につけ、これをもとに、生涯にわたって機械および機械システムを設計する能力を継続的に構築できる技術者を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「意識・自覚」
  1. (1)社会的視野と広い知識を持ち、モラル意識の高い社会人として社会に貢献できる。
  2. (2)技術者として、地球環境や社会全体の事を考えたバランスのとれた倫理観を持ち、専門家としての社会的責任を果たすことができる。
  3. (3)国際的視野を持ち、国際社会における出来事に対して正しい解決策を見いだせる。
  4. (4)国内・国外を問わず、会話・記述・電子媒体等を活用して他者とコミュニケーションをとることができる。
  5. (5)健全なる心と体を持ち、技術者としての自覚の下、健康な身体を維持することができる。

  6. 「工学基礎知識・技能」
  7. (6)数値および図表による表現などを使って技術的問題を分析できる。
  8. (7)数学・自然科学および情報技術に関する基礎知識に基づいて問題を解決できる。

  9. 「機械工学専門知識・応用・創造性」
  10. (8)機械技術と機械工学の基礎知識を理解し応用できる。
  11. (9)機械技術と機械工学および関連技術分野の知識を総合して技術的問題を解決することができる。
  12. (10)機械工学専門知識と機械設計スキルを用いて実際に機械をデザインすることができる。

  13. 「自主性・協調性・総合的解決」
  14. (11)自己成長意欲をもち自主的・継続的に学習できる。
  15. (12)口頭発表・論文発表等におけるプレゼンテーションにおいて活発に議論することができる。
  16. (13)チームを編成して協力・協調しながら計画的に仕事をまとめることができる。
  17. (14)人文・社会科学・数学・自然科学・情報技術および機械工学の知識を総合的に活用して社会の要求を解決できる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)国際的な社会人としての知識とモラルを習得する。
  2. (2)語学能力およびコミュニケーション能力を習得する。
  3. (3)工学基礎知識とその応用能力を習得する。
  4. (4)機械工学基礎知識の習得と技術的問題解決能力を習得する。
  5. (5)機械の設計・デザイン能力を習得する。
  6. (6)自主的・継続的に学習する能力を習得する。
  7. (7)チーム内での協力・協調能力を習得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    機械工学科では、科学技術や機械の設計、開発などに興味がある人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を評価し受け入れます。

電気電子情報工学科

【教育目的】
基礎学力の修得を重視し、体験型授業によりコミュニケーション能力、問題解決(デザイン)能力、情報活用力を養い、社会的要請に応えられる能力を備えた技術者を養成する。特に、学生の個性を生かした有為な技術者を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)電気電子情報工学の基礎・専門技術を身に付け、それらを実際に応用することができる。
  2. (2)個々の適性に応じた専門分野の基礎を身に付け、それらを応用し、社会に貢献できる。
  3. (3)日本語の論述力、研究発表やグループ討論等でのコミュニケーション能力を身につけ、自己の考え方を表現・発表ができる。
  4. (4)電気電子情報工学科に関連した種々の課題を解決できる。

  5. 「思考・判断」
  6. (5)技術者として、科学・技術・社会・環境の連携を認識し、柔軟な技術の展開と同時にその社会的な影響と責任を自覚できる。
  7. (6)時間的効率と期限を考えて、計画を進めることができる。

  8. 「知識・理解」
  9. (7)技術者として必要な数学、自然科学および情報技術の基礎が理解できる。
  10. (8)電気電子情報工学科の専門技術に関する知識を有する。
  11. (9)電気電子情報工学科に関連した種々の課題を理解できる。

  12. 「関心・意欲・態度」
  13. (10)探求心を持ち、向上意欲のある技術者を目指し、自主的・継続的に学習できる。
  14. (11)国際性を含めた幅広い視野と教養を持ち、技術者としての責任と倫理観を身につけ、社会に対応できる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)低学年で電気電子情報工学の基礎、高学年でそれらを実際に応用する際の考え方を習得する。
  2. (2)個々の適性に応じ、専門分野についての基礎と応用力を習得する。
  3. (3)自分の考えや成果を明確に相手に伝えるためのレポート作成能力及びプレゼンテーション能力と相手の質問や意見を理解し的確にこたえる力を習得する。
  4. (4)ゼミや卒業研究での企画・実行・分析の繰り返しによる、問題点を明確にする力、技術の進歩に対応できる素養と習慣を習得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    電気電子情報工学科では、ものつくり、マイコン、環境・クリーンエネルギー、情報通信技術、半導体・ナノテクノロジー・光エレクトロニクス等の分野に興味を持つ人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する一定以上の基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

応用化学科

【教育目的】
応用化学は多岐にわたる産業基盤技術の礎であり、なおかつ学際、専門領域の基礎となる学問である。そのため、応用化学諸分野(生物化学、医薬有機合成、環境化学、エネルギー化学)で必須となる基礎知識の習熟と応用力を養成し、さらに社会の要請に沿った柔軟な発想力と優れたコミュニケーション能力を有する科学技術者を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)化学分野の技術を通じて、人類・社会に貢献できる。
  2. (2)口頭発表やグループ討論ができ、かつ論理的な報告書が作成できる。
  3. (3)周囲とコミュニケーションをとり計画を進めることができる。

  4. 「思考・判断」
  5. (4)技術者として、科学・技術・社会・環境の連携を認識し、社会への影響と責任を自覚できる。
  6. (5)種々の事象に対してその問題点を発見・把握でき、設定した目標を計画的に達成できる。

  7. 「知識・理解」
  8. (6)数学、自然科学および情報技術の基礎的事項が理解できる。
  9. (7)化学分野に関する基礎知識や実験技術を身に付け、それらを応用できる。
  10. (8)化学分野に関連した種々の課題や問題を解決できる。

  11. 「関心・意欲・態度」
  12. (9)自己成長意欲をもち、自主的・継続的に学習できる。
  13. (10)自然現象・社会・文化と科学技術との関わりについて認識を深めることができる。
  14. (11)語学力を身につけ、国際社会に対応できる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)自然科学と応用化学の基礎学力を習得する。
  2. (2)応用化学の基礎知識およびその応用力を習得する。
  3. (3)実験技術および報告書作成能力を習得する。
  4. (4)技術者倫理を習得する。
  5. (5)自ら考え、自ら実行する力、コミュニケーション能力を習得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    応用化学科では、本学科で学んでいくために必要な、化学の実験や科学技術、自然科学に関連する分野に強い興味を持つ人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、自然科学をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

臨床工学科

【教育目的】
臨床工学に関する専門的知識と実践的技術を有し、医療機器の安全性確保と有効性維持に貢献するとともに、チーム医療の中で臨床工学技士の役割を果たしていくことができる人材を養成する。また、医療機器関係を扱う技術者として必要となる工学や医学の基本的な知識と高度化する医療技術や医療機器に関する専門知識と技術を身に付け、医療機器を研究開発するための基礎的素養を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)臨床工学技士が活躍する場において、専門的知識と実践的技術を有し、医療機器の安全性確保と有効性維持に貢献できる。
  2. (2)チーム医療に携わる一員として、グループ内あるいはグループ間で他者の考えを尊重しつつ、論述力やプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力をもつことができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)臨床工学技士として必要となる、幅広い視野や人間性を養うことができる。
  5. (4)臨床工学技士として、患者中心のコミュニケーションを含めたアプローチを行うことができる。
  6. (5)臨床工学技士として、チーム医療の中で臨床工学技士の役割を果たしていくことができる。

  7. 「知識・理解」
  8. (6)医療機器関係を扱う技術者として必要となる工学や医学の基本的な知識と、高度化する医療技術や医療機器に関する専門知識と技術を身につけることができる。
  9. (7)医療機器関係を扱う技術者として、医療機器を研究開発するための基礎的素養を身につけることができる。
  10. (8)医療従事者としての専門知識や技術を駆使して、人や社会が求める幅広い関連課題を解決できる。

  11. 「関心・意欲・態度」
  12. (9)臨床工学技士になることを目標とし、そのために必要な専門知識、技術を修得するための学習を自主的・継続的にできる。
  13. (10)臨床工学技士として、医師の指示の下に、広い視野をもって物事に対処できる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)医学および工学に関する基礎知識と技術を修得する。
  2. (2)医療現場における問題を自ら発見し、積極的に解決する能力を修得する。
  3. (3)チーム内での立場をよく理解し、相手の考えを尊重しながら協調し合う能力を修得する。
  4. (4)常に患者の安全を考える思考法を修得する。
  5. (5)高度化する医療機器や情報技術の基盤を理解し、運用できる能力を修得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    臨床工学科では、本学科の教育目的に沿った人材を育成するために工学と医療の両方に興味を持ち、臨床工学技士や医療機器技術者として社会に貢献できる人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

創造工学部

【教育目的】
人にも環境にも優しい社会の創出を目指し、裾野の広い業界を有し、かつ技術の発展とともにたえず先進性を追求している分野を取り扱い、「ものづくり」に強い人材を育成することを教育方針とする。具体的には、工学と情報をベースに、ものづくりデザイン教育を柱として(学部共通科目として位置づけている)、創造性、発案力、企画力、分析力、展開力を修得し、問題発見解決型の素養を身につけた人材を養成することを目的とする。

自動車システム開発工学科

【教育目的】
基礎となる工学技術を統合し、それらを自動車に代表される製品開発に応用できる技術者を養成する。つまり、製品開発の源流(市場調査や企画)を含め、製品の仕様決定、概念設計、詳細設計、実験、製造等の一連の過程を担え、自らの手で情報を入手し、適切に判断できる技術者を育成する。とりわけ、自動車におけるインテリジェント化、環境、安全性、快適性に対する理解を深め、これからの自動車産業を支える技術者を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)自動車および関連する産業界において製品の企画・開発・設計・製造・運用・評価を通して、自動車の技術革新と人間の社会生活・産業・福祉の発展に貢献できる。
  2. (2)日本語の高い論述力を身に付け、研究発表やグループ討論を十分に行え、組織の一員として自動車の開発・設計・製造の業務を担うことができる。
  3. (3)技術的な内容について英語によるコミュニケーションができ、自動車産業で国際的に活躍できる。

  4. 「思考・判断」
  5. (4)論理的な思考に基づき合理的な判断ができる。
  6. (5)技術者としての倫理観を持ち、科学技術の展開とその社会的な影響と責任について自覚できる。
  7. (6)組織内でコミュニケーションをとりながら、期限と能率を考えて計画的に仕事を進めることができる。

  8. 「知識・理解」
  9. (7)自然科学、情報技術および工学の基礎を修得し、それらを応用できる。さらに、関連する新たな学問を自ら学ぶことができる。
  10. (8)自動車工学およびその周辺知識を持ち、力学を駆使して自動車の性能と安全性の向上を図った開発、設計ができる。
  11. (9)電気電子、通信、制御などに関する基礎的な知識とコンピュータ運用能力を持ち、それらを応用して自動車の電子化・情報化に寄与できる。
  12. (10)製図、機械要素、設計法、加工法を学び、自動車の設計、製造の過程を理解し、関連する業務を担うことができる。
  13. (11)学んだ専門知識を統合、発展させ、自動車に代表される知的に集約された製品開発を担える。また、関連した種々の課題を見つけ解決できる。

  14. 「関心・意欲・態度」
  15. (12)柔軟な思考と論理性、創造力、企画力を有し、工学的諸問題への解決策を創出でき、変革の著しい自動車産業界および社会の変化に対応できる。
  16. (13)幅広い学問分野に興味を持ち続け、継続的に自己成長できる。
  17. (14)自然現象・社会・文化・人間と科学技術との関わりについて認識を持ち,語学力を身につけ国際社会に対応できる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)数学・力学・情報技術の基礎学力を修得する。
  2. (2)自動車のための情報・通信・制御の知識とそれらを製品開発過程へ適用できる能力を修得する。
  3. (3)自動車工学・機械工学・電気電子工学の知識とそれらを製品開発過程へ適用する能力を修得する。
  4. (4)自ら情報を入手し、問題解決能力を修得する。
  5. (5)柔軟な思考力、独創性を修得する。
  6. (6)組織で活躍するためのコミュニケーション能力・実践力を修得する。
  7. (7)技術者倫理観の育成および社会的責任観・使命観を修得する。
  8. (8)環境・安全・快適性に配慮し、他者を理解する能力を修得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    自動車システム開発工学科では、次世代自動車の研究開発やその関連分野に関心を持ちそれらの分野で活躍することを目指している人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

ロボット・メカトロニクス学科

【教育目的】
確かな技術力と幅広い視野を身につけ、自ら問題を発見して解決できる能力を有する高度な技術者を育成することを目的とする。具体的には、人々の生活を豊かにする次世代の“ロボット”や“生活支援機器”を開発する技術者を育てる。そのため、機械工学、電気電子工学、情報工学などのロボット・メカトロニクスの要素技術に加え、人と関わり合う“次世代ロボット”に必要な人間工学やプロダクトデザインの知識も学ぶ。さらに、システムインテグレーションの代表であるロボットやマイクロコンピュータを利用した組み込み機器などをテーマにした創造教育により、修得した知識を実際のものづくりに活かせる確かな技術者を養成する。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)技術者として、ロボットや組み込み機器技術の活用および創造などの実践活動によって、豊かで、安心、安全な社会の実現に貢献できる。
  2. (2)日本語で自分の考えを説明し、的確に伝えるための記述やプレゼンテーションができ、他者の考えを尊重した討論ができる。また、国際的な素養も身につけることができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)技術者として、自然、社会、人間などで起こる事象や問題を多面的、複眼的な視点から論理的に考えて、その本質や機序を見抜くことができる。
  5. (4)適用する技術が人間、社会、自然におよぼす影響を倫理観と責任感を持って正しく判断できる。

  6. 「知識・理解」
  7. (5)自然科学、情報技術および工学の基礎を修得し、それらを応用できる。
  8. (6)機械工学、電気電子工学および情報工学の専門知識およびそれらを統合したメカトロニクス技術を修得し、それらを応用できる。
  9. (7)人間特性およびプロダクトデザインの知識を修得し、それらを次世代ロボットおよび高機能な福祉機器の開発に応用できる。

  10. 「関心・意欲・態度」
  11. (8)自ら課題を設定し、実行するために必要な専門知識、技術を修得するための学習を自主的・継続的にできる。
  12. (9)幅広い視野を持ち、自ら問題を発見し解決することができる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)多面的、複眼的に事象や物事を捉え、本質を見抜く力を修得する。
  2. (2)他者の考えを尊重するとともに、自分の考えを論理的、合理的に述べるコミュニケーション能力を修得する。
  3. (3)自立的に目標や実行計画を立て、成し遂げる力を修得する。
  4. (4)機械工学、電気電子工学および情報工学の専門知識およびそれらを統合したメカトロニクス技術を修得する。
  5. (5)人間特性およびプロダクトデザインの知識を修得する。
  6. (6)ロボットや組み込み機器などをテーマにした創造教育による実践的なものづくり技術を修得する。
  7. (7)豊かな人間性とともに技術者倫理を修得する。
  8. (8)最新のロボット技術の動向や求められる技術者像を理解するキャリアデザイン能力を修得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    ロボット・メカトロニクス学科では、ロボットやメカトロニクスに関心があり,「ものつくり」の関連分野で将来活躍したいと考えている人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

ホームエレクトロニクス開発学科

【教育目的】
人間と社会との関わりを理解した上で、社会に貢献できるものづくり技術者を養成することを目的とする。具体的には、電気電子工学の基礎やICT技術を修得し、家庭でのエネルギー管理や家電製品の機能と構成技術の理解を深め、製品開発などをテーマとしたプロジェクト学習やデザイン教育を通して修得した課題解決力や企画提案力を備えた技術者を養成する。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)技術者として、ものづくりに必要な電気電子回路の設計や製作技術およびコンピュータを活用した組み込み技術を身につけ、ものづくりに応用することができる。
  2. (2)日本語の論述力、研究発表やチーム間でのコミュニケーションができるとともに、国際的な素養を身に付けることができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)技術者として、人、生活、環境の連携を認識し、社会からの要請に対して柔軟な発想と的確な判断ができる。
  5. (4)技術者に必要なPDCAサイクルを理解し、時間的効率と期限を考え、ものづくりを計画的に進めることができる。

  6. 「知識・理解」
  7. (5)物理や数学の基礎を修得し、電気磁気現象の考察や家電製品の仕組みへの理解につなげることができる。
  8. (6)人や生活に係わる情報通信や計測制御、環境エネルギー技術に関する知識を修得し、ものづくりに応用することができる。
  9. (7)企業連携プロジェクトの実践を通して、電気電子工学,ICTに関する知識や、デザイン力などを有機的につなげ課題を自ら提案し、その課題を解決することができる。

  10. 「関心・意欲・態度」
  11. (8)プロジェクトの実践を通して、コミュニケーション力,チームワーク力、行動力の大切さを理解し、自分自身のキャリアデザイン力の形成に役立てることができる。
  12. (9)地球環境,ライフスタイルの変化を的確に捉え、技術者としての責任と倫理観を持って行動することができる。
  13. (10)多様な文化に関心をもち、深く理解し、国際性を持って様々な人々と交流することができる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)数学と物理の基礎を修得する。
  2. (2)電気電子工学の基礎を修得し,回路設計や計測制御の応用力を修得する。
  3. (3)コンピュータや情報通信の基礎を修得し、家電制御やシステム開発の応用力を修得する。
  4. (4)課題解決を通して、プロジェクトの進め方やものづくりデザインに関する知識やスキルを修得する。
  5. (5)学修した専門分野に関する知識やスキルを深め、実践的なものづくり技術を修得し、問題発見・解決力や企画・デザイン力を修得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    ホームエレクトロニクス開発学科では、スマートハウスを中心とした先端エネルギー制御技術・いやしと安らぎの空間を実現する未来家電技術など、くらしの中で人を支えるエレクトロニクス技術に関心を持ち、関連分野で将来活躍を目指す人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における理数系科目をはじめとして英語、国語などの幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

応用バイオ科学部

【教育目的】
生命科学は、「バイオテクノロジー」に基盤を置いた「細胞、DNA、微生物など」のミクロな分野から、エンジニアも含む「食糧生産、エネルギー生産、医薬品生産、環境保全など」で展開されるマクロな分野までの幅広い領域を包括する学問である。本学部では「生命科学」をはじめ、生命科学に関連する「健康科学」や「栄養科学」を含む幅広い基礎知識と高い実践力に加え、生命科学や栄養学などに関する基礎的な素養を持ち、豊かな創造性とチャレンジ精神を身に付けたバイオ技術者・バイオ支援技術者や科学的センスに富んだ管理栄養士を養成することを目的とする。

応用バイオ科学科

【教育目的】
生命科学を生活に役立てるための基本的な知識を持ち、さらに最新の生命科学技術を学ぶことにより、地域社会はもとより、地球社会に貢献でき、国際性豊かに活躍できるバイオ技術者、バイオ支援技術者を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)技術者として、生命科学技術(医薬品・診断法・医療機器、食糧生産技術、環境診断・浄化技術など)の開発・設計・運用を通して人類社会の利益と安全に貢献できる。
  2. (2)日本語の論述力、研究発表やグループ討論のコミュニケーション、英語による国際的なコミュニケーションができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)技術者として、科学・技術・社会・環境の連携を認識し、柔軟な技術の展開と同時にその社会的な影響と責任を自覚できる。
  5. (4)時間的効率と期限を考えて計画的に物事を進めることができる。

  6. 「知識・理解」
  7. (5)数学、自然科学および情報技術の理系基礎が理解できる。
  8. (6)生命科学の専門技術に関する知識を応用できる。
  9. (7)生命科学に関連した種々の課題を解決できる。

  10. 「関心・意欲・態度」
  11. (8)自己成長意欲をもち自主的・継続的に学習できる。
  12. (9)共通教育を通じて自然現象・社会・文化と科学技術との関わりについて認識を持ち,語学力を身につけ国際社会に対応できる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)実験、実習、卒業研究を通して、自ら問題点を発見し、多面的な視点から分析し解決できる能力を習得する。
  2. (2)実学を重視した体験型教育による社会人基礎力を習得する。
  3. (3)国際性に富むコミュニケーション能力を習得する。
  4. (4)自然科学・数学・情報技術の基礎学力を習得する。
  5. (5)化学と生物学を基礎とした生命科学の専門基礎知識を習得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    応用バイオ科学科では、科学技術や自然科学に対する興味と熱意を持っている人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、本学科で求める学生像をよく理解し、本学科で意欲的に学業・研究に励む学生を求めています。単なる学業成績とは異なり、筆記試験による入試では評価できない受験者個々の実績や適性等を、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により面接と合わせて評価し受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、本学科で求める学生像をよく理解し、高等学校在学中の学業・課外活動・各種資格等を通じて、自分の将来の進路を見据える明確な目的意識を持った学生を求めています。高等学校在学中の学業・課外活動・各種資格状況をそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容(提出書類、高校時代の実績、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、各教科の理解度をみることで、高等学校での学習が十分達成しているかを判断します。

栄養生命科学科

【教育目的】
健康な社会を目指すとともに、環境を大切にし、人間としての優しさ、豊かさ、思いやりをもてる人材の育成を目指す。そして、「生命科学」「健康科学」および「栄養科学」を学修することにより、健康・保健教育・指導や栄養教育・指導の実践を担える科学的センスに富んだ管理栄養士並びに食品衛生管理者、食品衛生監視員、栄養教諭を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技術・表現」
  1. (1)管理栄養士として、科学的センスに基づいた栄養・健康教育の展開、食の選択や提案などを通して、人類の健康と人類社会の安全に貢献できる。
  2. (2)管理栄養士が活躍する場において、日本語での論述、研究発表やグループ討論におけるコミュニケーション、国際化する社会にも対応できるように英語でのコミュニケーションができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)管理栄養士として、人・科学・技術・社会・環境の連携を認識し、柔軟な技術の展開と同時にその社会的影響と責任を自覚できる。
  5. (4)管理栄養士として、人の健康を体のみならず心や社会と関連づけながら、食や栄養について考えることができる。
  6. (5)時間的効率と期限を考えて、計画・立案を進めることができる。

  7. 「知識・理解」
  8. (6)生命科学、健康科学や栄養科学などの自然科学、及び情報等の理系基礎と専門技術を理解し、健康や食に関連した種々の課題を解決するために必要な専門技術を応用・展開できる。

  9. 「関心・意欲・態度」
  10. (7)管理栄養士並びに食品衛生管理者、食品衛生監視員、栄養教諭になることを目標とし、その目標達成のための自己成長意欲を持ち、自主的・継続的に学習できる。
  11. (8)解決すべき課題を発見することができ、積極的に解決しようと取り組むことができる。
  12. (9)共通教育を通じて自然現象・社会・文化と科学技術や人との関わりについてグローバルな観点からの認識を持ち、国際社会にも関心を持つことができる。
  13. (10)管理栄養士として、人に対して尊敬や敬愛の念をもって接することができる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)「化学」、「生物学」、「栄養学」を基本とした「生命科学」に関する基礎知識を修得する。
  2. (2)「社会・環境と健康」「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」、「食べ物と健康」に関する専門基礎力、実践教育を重視した体験型教育による職業人意識、管理栄養士並びに食品衛生管理者、食品衛生監視員、栄養教諭としての幅広い実践力を修得する。
  3. (3)専門科目による健康・栄養教育に関する高度な知識の修得と、実験、実習、卒業研究を通して、洞察力、問題解決力、計画・立案能力、調整力、コミュニケーション能力の育成や人に接する際の基本的態度を修得する。
  4. (4)情報技術を活用した健康・栄養教育のための情報発信能力を修得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    栄養生命科学科では、管理栄養士並びに食品衛生管理者、食品衛生監視員、栄養教諭として活躍したいと考えている人、または栄養現象への疑問や課題の発見そして解決に向け、本学科において学びや知識の習得に積極的に取り組める人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、本学科で求める学生像をよく理解し、本学科での勉学に意欲的かつ継続的に取り組むことができる学生を求めています。単なる筆記試験による入試では評価できない受験者個々の適性等をそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により面接と合わせて評価し受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、本学科で求める学生像をよく理解し、高等学校在学中の学業・課外活動・各種資格等を通じて、自分の将来の進路を見据える明確な目的意識を持った学生を求めています。それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容(提出書類、高校時代の実績、適性検査)と面接の結果を併せ評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、各教科の理解度をみることで、高等学校での学習が十分達成しているかを判断します。

情報学部

【教育目的】
数理科学および自然科学的素養に加えて、情報システム、ネットワーク応用システム、メディアコンテンツなどの開発に深く係わる社会科学的素養も十分身につけた新しいタイプのエンジニアを養成するとともに、幅広い視野と実践力を持つ情報技術(IT)分野の総合エンジニア、すなわち「理系のスキルと文系のセンスを兼ね備えたITのプロフェッショナル」を養成することを目的とする。

情報工学科

【教育目的】
情報工学は電気、制御、数理などの工学分野と密接な関係を持ち、さらに、生命科学、社会科学、人文科学、経営科学をも基盤とする。また、極めて広範囲の応用分野を持つ特性を踏まえ、各種のシステム・ソフトウエア技術を機軸とする高度な専門性とともに、多方面の専門家と協調しつつ問題解決を図るコミュニケーション力と、深い教養と幅広い視野を身につけた創造性豊かな情報技術者を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)技術者として、情報システムの開発・設計・製造・運用を通して情報技術の発展に貢献できる。
  2. (2)自らの考えを他者に理解できるように伝達できると共に、相手の考えを十分に把握し、論理的な討論ができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)技術者として、科学・技術・社会・環境の連携を認識し、情報技術に対する社会的な影響について倫理観を自覚できる。
  5. (4)品質、コスト、期限などを考慮し、計画的に物事を進めることができる。

  6. 「知識・理解」
  7. (5)コンピュータのハードウェア、ソフトウェアに関する要素技術が理解できる。
  8. (6)情報工学の専門技術に関する知識を有し、それらを応用・展開できる。
  9. (7)情報工学に関連した種々の工学的課題を解決できる。

  10. 「関心・意欲・態度」
  11. (8)自己成長意欲をもち自主的・継続的に学習できる。
  12. (9)共通教育を通じて自然・社会・歴史・文化に対する幅広い教養を持ち、情報技術との関わりについて認識を持つことで社会に対応できる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)情報工学特有の広い応用分野で活用できる基礎力に支えられた汎用的な技能を習得する。
  2. (2)情報技術の発展に貢献できる深い教養と、安心・安全で快適な社会環境の形成に寄与する幅広い視野と創造性を習得する。
  3. (3)情報技術を活用する力、各種システム技術およびソフトウェア技術を軸とする高度な専門性を習得する。
  4. (4)情報工学周辺分野の専門家と協調し、大局的な視点から問題解決を図るためのコミュニケーション力を習得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    情報工学科では、情報技術やその関連分野に対する興味と熱意をもつ意欲的な人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学・理科・英語・国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

情報ネットワーク・コミュニケーション学科

【教育目的】
インターネットや携帯電話を初めとする日常生活の重要な社会基盤である情報ネットワークのさらなる高度化を実現する担い手として、情報処理基礎技術とネットワーク技術およびその応用技術の全てに精通した、新しい情報ネットワーク技術者を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)技術者として、情報ネットワークシステムの開発・設計・製造・運用を通して情報ネットワーク技術の発展に貢献できる。
  2. (2)自らの考えを他者に理解できるように伝達できると共に、相手の考えを十分に把握し、論理的な討論ができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)技術者として、科学・技術・社会・環境の連携を認識し、情報ネットワーク技術における社会的な影響と責任を自覚できる。
  5. (4)品質、コスト、期限、安全性などを考慮し、計画的に物事を進めることができる。

  6. 「知識・理解」
  7. (5)情報、ネットワーク、セキュリティに関する要素技術が理解できる。
  8. (6)情報ネットワーク分野の専門技術に関する知識を有し、それらを応用できる。
  9. (7)情報ネットワーク分野に関連した種々の現実的課題を解決できる。

  10. 「関心・意欲・態度」
  11. (8)自己成長意欲をもち自主的・継続的に学習できる。
  12. (9)共通基盤教育を通じて自然・社会・歴史・文化に対する幅広い教養を持ち、情報ネットワーク技術との関わりについて認識を持つことで社会に対応できる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)数理科学系科目を通して工学的な基礎知識を習得する。
  2. (2)情報技術、ネットワーク技術、セキュリティ技術の基礎知識を習得する。
  3. (3)他人と協調、協働して課題の解決に当たる姿勢を習得する。
  4. (4)技術者として必要とされる日本語能力やコミュニケーション能力を習得する。
  5. (5)情報ネットワーク分野の基礎知識を応用し、自ら問題の発見とその解決に取り組み、主体的に行動する姿勢と創造する力を習得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    情報ネットワーク・コミュニケーション学科ではネットワーク通信技術、セキュリティ技術、ネットワーク応用技術に興味がありこの分野で活躍したいと考えている人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学・理科・英語・国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

情報メディア学科

【教育目的】
職業・社会・人生において適切な判断の出来る教養と広い視野を有し、創造・制作・構築への意欲と能力のある情報メディア技術者・制作者を養成することを目的としている。そのため、教養科目では問題意識と価値観を持たせること、専門科目では、科目や分野への興味と社会での必要性を理解させること、少数の必修科目をしっかり身に付けさせること、講義科目による知識の修得以外に、体験科目により、問題発見と問題解決の態度・方法を身に付けさせることを方針とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)各種情報メディアに関する技術とコンテンツについて基本的な専門知識を身に付け、新たなシステムやコンテンツを創作できる。
  2. (2)自分の思考や判断のプロセスを口頭表現や文章表現によって的確に伝えることができるプレゼンテーション能力、コミュンケーション能力をもつことができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)科学・技術・環境の関係を認識し、社会に及ぼす影響を理解しつつ、自立的かつ論理的な判断ができる。

  5. 「知識・理解」
  6. (4)技術者やクリエータとして必要な数学・自然科学および情報技術の理系の基礎知識を身に付け、芸術的創造性を発揮できる基礎的なスキルを持ち、理系と制作系の両者を理解できる。

  7. 「関心・意欲・態度」
  8. (5)他者の声に耳を傾ける態度で、世界的な視野から現状を的確に分析し、根源的な問題を見出し、解決に必要な知識を自ら習得し継続的に学習する意欲と関心をもつことができる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)全学共通の基盤教育科目、専門基礎導入科目を重点的に履修することにより、豊かな人間性と社会性を支える広い教養の習得する。
  2. (2)ICTの基礎知識を確実に身に付け、高度な専門知識を裏付ける基盤を習得する。
  3. (3)情報メディアセミナーや卒業研究等を通して、自ら問題の発見とその解決に取り組み、主体的に行動する姿勢と創造する力を習得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    情報メディア学科では、メディア関連技術やコンテンツ制作に強い興味を持ち、この分野で活躍したいと考えている人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学・理科・英語・国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

看護学部

【教育目的】
豊かな人間性の形成により、生命の尊厳を基調とした倫理観を身につけ、看護技術に関する専門の技能を有して、看護技術の革新の推進やそれを役立たせることを職業とし、地域社会の保健・医療・福祉の向上に貢献することができる看護師を養成することを目的とする。

看護学科

【教育目的】
看護学分野に関する基礎的な知識及び基本的な技術と実践能力を有したうえで、看護師として生涯成長し続けるための基盤となる資質と能力を有すると共に、他の医療関係職種と連携・協働して、地域社会の医療体制の整備と充実に寄与することのできる人材を養成することを目的とする。

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)看護師として必要な専門的知識と実践能力を体得し、卒業直後から指導助言のもとに看護ケアができる高い実践力を有することができる。
  2. (2)看護学の進歩に即応しつつ、将来的に高度の知識や技術を有した看護師となる基礎を備えることができる。
  3. (3)看護師が活躍する場において、論述、研究発表やグループ討論におけるコミュニケーションができ、国際化する社会にも対応できる。

  4. 「思考・判断」
  5. (4)看護師として、人・科学・技術・社会・環境の連携を認識し、適応する看護技術に対する社会的影響を倫理観と責任感を持ち、科学的根拠に基づき判断できる。
  6. (5)看護師として、人の健康を身体のみならず心や社会と関連づけながら、対象とする人々の健康と生活の質の向上について思考することができる。
  7. (6)時間的効率と期限を考えて、計画・立案することができる。

  8. 「知識・理解」
  9. (7)看護学、形態機能学や疾病治療論などの基礎医学や臨床医学、感染免疫学などの自然科学、社会福祉学などの社会科学や応用科学、及び情報等の理系基礎と専門技術を理解し、看護や人々の健康に関連した様々な課題を解決するために必要な専門的学問と技術を応用・展開できる

  10. 「関心・意欲・態度」
  11. (8)看護師になることを目標とし、その目標達成のための自己成長意欲を持ち、自主的・継続的に学習できる。
  12. (9)解決すべき課題を発見することができ、積極的に解決しようと取り組むことができる。
  13. (10)共通基盤教育を通じて自然現象・社会・文化と科学技術や人との関わりについてグローバルな観点からの認識を持ち、国際社会にも関心を持つことができる。
  14. (11)看護師として、人に対して尊敬や敬愛の念を持って接することができる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)共通基盤教育を中心に、人間と文化、社会、自然などに関する知識などを基本とした看護学に関する基礎知識を修得する。
  2. (2)「人体の構造機能」「疾病と回復促進」「健康支援と社会保障制度」に関する専門基礎力を修得する。人体を系統立てて理解し、健康・疾病・障害に関する観察力と判断力、健康や障害の状態に応じた社会資源を活用するための基本概念や関係制度についての知識を修得する。
  3. (3)専門科目による健康・看護に関する高度な知識の修得と、演習、実習を通して、洞察力、問題解決力、計画・立案能力、調整力、コミュニケーション能力の育成や人に接する際の基本的態度を修得する。さらに実践教育を重視した体験型教育による職業人意識、看護師としての幅広い実践能力を修得する。
  4. (4)「看護の基本」「人間の発達段階と看護活動」で修得した知識や技術を基盤として、興味と関心に応じて「看護の統合と発展」へと発展させ、知識を深め、看護の統合と応用による実践能力を修得する。
  5. (5)在宅医療の充実に向けて、患者や家族を支えていくための保健・医療・福祉を取り巻く多職種との連携と協働の実践とチーム医療及び在宅医療機器に関する基礎的な知識と安全な使用方法について修得する。
  6. (6)災害と看護ニーズや災害看護への取り組みに関する基礎的な知識と必要度の高いケアについて修得する。
  7. (7)看護学研究に関する思考力と創造性を涵養し、看護学の進歩に即応しつつ、将来的に高度の知識や技術を有した看護師となる基礎力を修得する。
  8. (8)情報技術を活用した健康・看護のための情報発信能力を修得する。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    看護学科では、看護学分野に興味と関心を持ち、看護職に対して職業意識を有している人や国家試験受験資格の取得および国家試験合格に向けての学習意欲を有している人ならびに自分の考えを適切に表現し、他者に対して的確に伝えることができる人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため複数の選抜方式を実施しています。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に添った多彩な人材を選抜するために個性を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. (1)AO入試では、集団ディスカッションや面接を通し、学業成績だけでは評価が困難な能力(職業意識、コミュニケーション能力等)をそれぞれの選抜方針に基づいた内容により評価し、受験者個々の適正を受け入れます。
  2. (2)推薦入試では、選抜方針に基づいた面接、書類審査(調査書、推薦書、評定値)および適性検査の結果を併せ評価し受け入れます。
  3. (3)一般入試では、各教科の理解度をみることで、高等学校での学習が十分達成しているかを判断します。

スーパーサイエンス特別専攻

環境エネルギー特別専攻

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)専門知識や科学的思考力に基づき、自らの考えを論理的に説明しディベートができる。
  2. (2)英語によるコミュニケーションが取れ、プレゼンテーションができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)実践的教養と論理的思考力により、自ら課題を発見し筋道を立てて解決できる。

  5. 「知識・理解」
  6. (4)専門知識・専門技術を活用し、先端的研究活動や開発設計に生かすことができる。

  7. 「関心・意欲・態度」
  8. (5)常に専門分野に対する高い関心を持ち、社会のニーズに応える探求ができる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)共通基盤教育
    ・効果的な演習形式授業により、実践的な教養と社会人基礎力を身につける。
    ・少人数クラスと学修時間の増加により質の高い英語カリキュラムを展開し、グローバル人材として不可欠な英語によるコミュニケーション力やプレゼンテーション力を身につける。
  2. (2)専門基礎導入教育
    ・高校までの数学および理科の学習を基礎とし、各専門分野の学修に必要な数学および自然科学分野の基礎力を身につける。
  3. (3)専門基礎・専門教育
    ・各特別専攻のカリキュラムにより、高度な専門知識・技能を身につける。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    環境エネルギー特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
    1.環境やエネルギー分野に興味があること。
    2.高校分野の数学、理科、英語、国語の基礎学力があること。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. (1)AO入試では、入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受験者個々の適性等を適性試験及び小論文、面接で評価し受け入れます。
  2. (2)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を評価し受け入れます。

医生命科学特別専攻

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)専門知識や科学的思考力に基づき、自らの考えを論理的に説明しディベートができる。
  2. (2)英語によるコミュニケーションが取れ、プレゼンテーションができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)実践的教養と論理的思考力により、自ら課題を発見し筋道を立てて解決できる。

  5. 「知識・理解」
  6. (4)専門知識・専門技術を活用し、先端的研究活動や開発設計に生かすことができる。

  7. 「関心・意欲・態度」
  8. (5)常に専門分野に対する高い関心を持ち、社会のニーズに応える探求ができる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)共通基盤教育
    ・効果的な演習形式授業により、実践的な教養と社会人基礎力を身につける。
    ・少人数クラスと学修時間の増加により質の高い英語カリキュラムを展開し、グローバル人材として不可欠な英語によるコミュニケーション力やプレゼンテーション力を身につける。
  2. (2)専門基礎導入教育
    ・高校までの数学および理科の学習を基礎とし、各専門分野の学修に必要な数学および自然科学分野の基礎力を身につける。
  3. (3)専門基礎・専門教育
    ・各特別専攻のカリキュラムにより、高度な専門知識・技能を身につける。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    医生命科学特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
    1.科学的な基礎知識をはじめとする高校分野の基礎学力(数学、理科、英語、国語など)と論理的な思考能力を有していること。
    2.科学・技術に対する興味をもち、医生命科学を修得し、国際的に活躍したいという熱意を有していること。
    3.コミュニケーション能力をもち、社会に貢献したいという意欲を有していること。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. (1)AO入試では、入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受験者個々の適性等を適性試験及び小論文、面接で評価し受け入れます。
  2. (2)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する一定以上の基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

ICTスペシャリスト特別専攻

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)専門知識や科学的思考力に基づき、自らの考えを論理的に説明しディベートができる。
  2. (2)英語によるコミュニケーションが取れ、プレゼンテーションができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)実践的教養と論理的思考力により、自ら課題を発見し筋道を立てて解決できる。

  5. 「知識・理解」
  6. (4)専門知識・専門技術を活用し、先端的研究活動や開発設計に生かすことができる。

  7. 「関心・意欲・態度」
  8. (5)常に専門分野に対する高い関心を持ち、社会のニーズに応える探求ができる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)共通基盤教育
    ・効果的な演習形式授業により、実践的な教養と社会人基礎力を身につける。
    ・少人数クラスと学修時間の増加により質の高い英語カリキュラムを展開し、グローバル人材として不可欠な英語によるコミュニケーション力やプレゼンテーション力を身につける。
  2. (2)専門基礎導入教育
    ・高校までの数学および理科の学習を基礎とし、各専門分野の学修に必要な数学および自然科学分野の基礎力を身につける。
  3. (3)専門基礎・専門教育
    ・各特別専攻のカリキュラムにより、高度な専門知識・技能を身につける。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    ICTスペシャリスト特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
    1.高校分野の数学や英語の基礎学力があり、科学的な探究心を持っていること。
    2.将来情報分野においてトップ技術者として、技術開発や研究で活躍する意欲があること。


    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. (1)AO入試では、入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受験者個々の適性等を適性試験及び小論文、面接で評価し受け入れます。
  2. (2)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

次世代自動車開発特別専攻

    【ディプロマ・ポリシー】
    「技能・表現」
  1. (1)専門知識や科学的思考力に基づき、自らの考えを論理的に説明しディベートができる。
  2. (2)英語によるコミュニケーションが取れ、プレゼンテーションができる。

  3. 「思考・判断」
  4. (3)実践的教養と論理的思考力により、自ら課題を発見し筋道を立てて解決できる。

  5. 「知識・理解」
  6. (4)専門知識・専門技術を活用し、先端的研究活動や開発設計に生かすことができる。

  7. 「関心・意欲・態度」
  8. (5)常に専門分野に対する高い関心を持ち、社会のニーズに応える探求ができる。
    【カリキュラム・ポリシー】
  1. (1)共通基盤教育
    ・効果的な演習形式授業により、実践的な教養と社会人基礎力を身につける。
    ・少人数クラスと学修時間の増加により質の高い英語カリキュラムを展開し、グローバル人材として不可欠な英語によるコミュニケーション力やプレゼンテーション力を身につける。
  2. (2)専門基礎導入教育
    ・高校までの数学および理科の学習を基礎とし、各専門分野の学修に必要な数学および自然科学分野の基礎力を身につける。
  3. (3)専門基礎・専門教育
    ・各特別専攻のカリキュラムにより、高度な専門知識・技能を身につける。
    【アドミッション・ポリシー】
    [求める学生像]
    次世代自動車開発特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
    1.高校分野の力学や微分積分学を基礎にして進む講義内容が理解できる理科や数学の基礎学力があること。
    2.次世代自動車のグローバル化を理解し、英語の基礎学力があること。
    3.次世代自動車研究開発・設計に強い興味があり、高度の学問や技術に興味と意欲があること。

    [選抜試験の趣旨と重視するポイント]
    求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. (1)AO入試では、入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受験者個々の適性等を適性試験及び小論文、面接で評価し受け入れます。
  2. (2)一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

PAGE TOP