トップページ >> 学部・大学院 >> 大学院 >> 機械工学専攻

大学院 機械工学専攻

概要

本専攻は、工学、工業において、その根幹的役割りを担う機械工学の基礎的知識の上に、最近のコンピュータ技術を活用した機械工学の進歩と多様化に対応するため、さらに充実、高度化した学習により、技術の開発、設計及び生産などを総合的に推進しうる応用能力と開発能力をもつ技術者、研究者を養成することを目的としている。
その目的達成のために、本専攻においては、(1)機械力学・制御工学(2)材料力学・加工学(3)流体工学(4)熱工学の各分野において、下記のカリキュラム及び下記の研究テーマを教育・研究の内容としている。

機械力学・制御工学分野 振動・騒音のアクティブ制御、特殊航空機の飛行特性、ロボットの機構・制御など
材料力学・加工学分野 材料の変形と破壊、複合材料・セラミックスなどの強度、力学的特性、計算力学、難削材料の精密研削・切削加工、振動援用研削・切削加工など
流体工学分野 混相流、大気着氷現象、風力発電、抗力低減など
熱工学分野 流体・混合冷媒などの熱力学性質、生体系の熱移動、医療熱工学、スターリングエンジンの活用など

PAGE TOP