トップページ >> 学部・大学院 >> 大学院 >> 情報工学専攻

大学院 情報工学専攻

概要

近年、情報技術はコンピュータにとどまらず、家電、携帯電話、自動車など様々な製品に浸透し、また高速ネットワークで相互接続された情報システムは社会インフラとしてますます重要性を増している。情報工学専攻では、21世紀の情報化社会を支える、情報処理技術、情報システム技術、情報ネットワーク技術、情報メディア技術、生活支援技術をはじめとする情報技術を教育、研究対象とし、そして、情報化社会の変化を予見し、リードできる創造性と問題解決能力に優れた高度技術者を育成することを目的とする。

計算機システム分野 並列/分散システム、マルチメディアデータベース、形式的仕様とプログラミング方法論、ソフトウェアの設計と生産
情報認識工学分野 ロボットの目として3次元環境・運動認識、画像処理のAI的アプローチ、生産システムを中心とした知能工学の応用研究
情報通信工学分野 高速情報通信を可能とする新LAN方式、分散情報処理、ディジタル設計論、高度映像情報通信方式、モバイル通信と応用システム
情報システム工学分野 システムのライフサイクルと資源配分に関する最適化技術、情報システムの広域化に伴う性能評価、信頼性、セキュリティ、経営シミュレータ
メディア技術分野 グループウェア、Webアプリケーション、非線形最適化アルゴリズム、マルチメディア符号化方式、サイバースペース
メディアコンテンツ分野 コンピュータグラフィクス、アニメーションと次世代ゲーム、身体動作処理、五感によるコンピュータとのインタラクション
生活支援工学分野 感覚・感情情報処理、非浸襲生体計測・情報処理、生活支援機器に関する適合技術、スマートハウス

PAGE TOP