トップページ >> 学部・大学院 >> 大学院 >> 電気電子工学専攻

大学院 電気電子工学専攻

概要

電気電子技術はあらゆる産業において重要な役割を担う基盤技術である。そのカバーする範囲は、エネルギー・制御から材料・半導体素子・光エレクトロニクスや情報処理・通信システム、そしてホームエレクトロニクスなど広い技術領域にわたり、それぞれの領域は現在も急速に発達を続けている。従って、本専攻では技術の変化に柔軟に対応でき、問題を広い視野で総合的に把握できるような基礎力を持った技術者、研究者の育成を目指す。このため、カリキュラムの面では、電力工学、電子物性工学、情報通信工学、家電工学に関連する科目を中心に配当し、また研究の面では最先端のテーマを取りあげて成果を学会発表したり、企業等の外部機関と共同研究を行うなど、実践的な教育環境の充実に配慮している。

電力工学分野 人工巨大システムの一つである電力システムは、効率を重視して設計し運用していることはもちろんであるが、安全にも十分配慮している。この分野は、自然エネルギーの利用など地球環境問題とも密接な関係がある。エネルギー応用、自然エネルギー発電、高電圧現象、電磁環境などの重要な課題を選定して研究・教育を行っている。
電子物性工学分野 光・半導体テクノロジーは高度情報化社会を支える最も重要な基礎技術となっている。今後も幅広い応用が期待され、電子デバイス、光・量子デバイスの基礎、応用研究、並びにこれらの研究を基礎とした新しい電子部品、超LSI、ナノテクノロジーの探索的研究を通して研究・教育を行っている。
情報通信工学分野 高度情報化社会に於いて、情報通信は欠かせない重要な技術となっている。さらに大きな発展が見込まれているこの分野を支えるパイオニアを養成すべく、通信回路・方式、ネットワーク遠隔制御、電波及び光波利用通信技術の高度化に向けた素子・回路、およびその評価方法、画像情報処理などの研究・教育を行っている。
家電工学分野 人間の生活空間を快適にするためのホームエレクトロニクスに関して、HEMS、スマートグリッド、ネットワーク技術とロボット制御技術、レーザ表示技術を利用した、家庭内機器およびサービスとの融合技術についての研究・教育を行っている。

PAGE TOP