ロボットクリエータ特別専攻ロボットクリエータ特別専攻

ROBOT CREATOR

ROBOT CREATOR

ロボットが解決できる社会課題とは

次代のテクノロジーとして注目を集めるロボット分野。機構と電子回路といったハードウェア、制御プログラムなどのソフトウェアの両方を学べるのがポイント。また近年のロボット研究で重視されているのが、「ロボットを使ってどんな課題を解決するのか?」という実社会での活用を見据えた考え方です。製造や建設の現場、医療福祉の舞台、商店など日々の生活に近い場所、人に癒しや楽しみを与える役割など、ロボット活用の可能性は無限に広がっています。社会を広く見渡し、取り組みたいテーマを見つける力も大切です。

学びのキーワード

機械設計人工知能プログラミング機械制御ロボット機構人間工学コミュニケーションセンシング生活支援エンタテイメント

河原崎 徳之

河原崎 徳之創造工学部 ロボット・メカトロニクス学科NORIYUKI KAWARAZAKI

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

ヒューマンインタフェース/ロボット工学/画像工学

研究内容

“ 僕らの思いと機械をつなぐ” をキャッチフレーズに、画像処理、音声認識や各種センサを用いた人と機械の調和システム(ヒューマンインタフェース)を研究しています。例えば、日常生活や買い物を支援するロボットや、人の健康状態を計測してアドバイスを行うロボットなどを開発しています。

専門知識以外に身につけるべきことはなんですか?

単なる技術的問題だけではなく、環境やエネルギー、安全性や親和性の点からロボットが社会的に受け入れられるかなど、工学を超えた範囲からロボットと社会の問題をとらえて、広い視野を持ってロボットを考えるようにしてください。

これからどんなエンジニアが活躍すると思いますか?

これからだけでなく、これまでも成功したエンジニアは、失敗を重ねても諦めずに信念をもって取り組んでいる問題に真摯に向き合う人です。そのような意欲と根気良さを大学での学習を通じて身に着けてもらいたいと思います。

社会で活きる学びを得るためにどんなことしたらいいですか?

人々の生活を豊かにする実用的なロボットは、すぐに開発できるわけではなく、多くの失敗を重ねることが大切です。失敗してもより良いものを開発しようとする技術者には、意欲と向上心が必須であると考えます。

兵頭 和人

兵頭 和人創造工学部 ロボット・メカトロニクス学科KAZUHITO HYODO

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

福祉機器/ロボット工学/生体情報処理

研究内容

主な開発テーマは、生活空間内で人の手助けを行うロボットや故障診断機能を持つロボット、高齢者や乳幼児の健康を維持・増進するシステム、実在人物の動作をロボットに真似させるシステムなどです。また、人とロボットが協働するためには人の身体制御についても知る必要があるため、それらの研究も行っています。

この専攻の特徴を教えてください。

各種競技会(ROBO-ONE、ロボットアスリートカップ等)に参加するためのロボット製作や、産学共同開発テーマ(玉乗りロボット協議会、乳幼児用バイタル計測システム)のシステム開発を通じて、授業では学ぶことのできない実践的な技術力を磨くことができます。

専門知識以外に身につけるべきことはなんですか?

「論語」に「不患人之不己知 患不知人也」という言葉が出てきます。これは人が理解してくれないと悩むのではなく、自分が人のことを理解できないことを悩むべきだという意味です。開発チームの中で活躍するためには、自分のことを理解してくれないと腹を立てる前に、相手のことを理解しているかどうかを気にすると良いと思います。

社会で活きる学びを得るためにどんなことしたらいいですか?

技術の進歩とともに成長した世代と違い、生まれた時からハイテク製品が存在していた世代の方は、要素技術に触れる機会が圧倒的に不足しています。それを補うために、簡単なシステムでもよいので実際にご自分で設計・製作・評価・改良を行う活動を継続するとよいと思います。

吉留 忠史

吉留 忠史創造工学部 ロボット・メカトロニクス学科TADASHI YOSHIDOME

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

ロボット/ヒューマンインタフェース/知覚情報

研究内容

人と共存するロボットの開発を行っています。ロボットが身の回りで生活をサポートする未来が来る時、誰もがロボットを使えなければ意味がありません。普通の機械のように操作するのではなく、人と同じようにコミュニケーションを取って、仕事をお願いすることができるロボットの実現をめざしています。

社会で活きる学びを得るためにどんなことしたらいいですか?

漠然と学ぶのではなく、目的を持って学んでください。当専攻で言えば、あるロボットを作りたいという目的を持ち、そのロボットを作るために必要な学びを重点的に行うことで社会にも通用する知識・経験等を身につけることができると思います。

この専攻の特徴を教えてください。

ロボットを造る「次世代ロボット開発」という授業において、学生が学びたいこと、作ってみたいものを考えて企画・計画し、実行していきます。学部の授業ではテーマが決められているのに対し、特別専攻ではテーマを自分で決められることがポイントです。

これからどんなエンジニアが活躍すると思いますか?

自己管理能力の高いエンジニアです。今後、テレワークなどによって自宅などで働かなければならない場合が多くなると考えられ、自らやることを計画して実行できる能力が重要になります。そして、仕事とプライベートをしっかりと切り換えられるエンジニアがしっかりと業績を伸ばしていけると思います。