医生命科学特別専攻医生命科学特別専攻

MEDICAL LIFE SCIENCE

MEDICAL LIFE SCIENCE

化学×生物学が新たな医生命技術を作る

近年のバイオテクノロジーの発展を受け、さまざまな生命現象を活用した技術が現実のものとなりつつあります。この分野で求められるのは、バイオと化学の複合的な視点から生命現象を解き明かし、新しい概念として再構築する力。機能的バイオマテリアルの開発、困難な医療課題の克服、環境問題やエネルギー問題の解決など、斬新な視点・発想力・知識や技術を含む「総合力」を備えることで、より良い社会に貢献できるエンジニア/研究者への道を歩むことができます。

学びのキーワード

バイオマテリアル機能性新素材医薬品合成医療工学バイオセンシングバイオインフォマティクス遺伝子工学環境毒性解析アンチエイジング

飯田 泰広

飯田 泰広応用バイオ科学部 応用バイオ科学科YASUHIRO IIDA

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

遺伝子工学/細胞工学/バイオセンサー

研究内容

私の研究は創薬分野であり、医薬品や化粧品の開発につながる生理活性をもつ化合物の探索です。抗腫瘍、抗アルツハイマー、抗真菌、アンチエイジングなど対象はさまざまで、バイオテクノロジーを用いて目的の活性を得るための評価法を開発し、対象となる活性物質を探索、構造の決定、作用機構の解明などに取り組んでいます。

これからどんなエンジニアが活躍すると思いますか?

自分の専門を生かしつつ他の分野の専門家とチームで研究できる自分で問題を見出して解決できる能力を有している進歩し続ける先端技術を取り入れながら自分の専門を進化させ続けることができる専門分野を2つ以上有している、こういったエンジニアが今後社会に必要だと思います。

社会で活きる学びを得るためにどんなことしたらいいですか?

何事にも興味を持ち、自分の問題として主体的に取り組んでいくことが大切だと思います。
また、目的を達成するための過程に重きを置き、一見無駄であったと思われることや遠回りすることを楽しめるようになって欲しいです。

小池 あゆみ

小池 あゆみ応用バイオ科学部 応用バイオ科学科AYUMI KOIKE

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

タンパク質化学/機能生物化学/構造生物学

研究内容

ストレスなどにより細胞内で変性したタンパク質の構造を再形成する機能を持つタンパク質、シャペロニンを研究しています。シャペロニンは“かご”のような構造で、その空洞内に変性タンパク質を閉じ込めて構造形成を助け、やがて放出します。シャペロニン細胞内での反応機構を研究し、生物のストレス応答を解明しています。

この専攻の特徴を教えてください。

応用化学科と応用バイオ科学科の学生がともに学び、ディスカッションし、研究課題に取り組んでいることです。卒業研究や大学院で両学科を跨がるような選択も可能なので、研究に対する視野を広げやすい環境です。

これからどんなエンジニアが活躍すると思いますか?

専門分野だけに止まらず、従来の区分による分野を跨がるような、境界領域の研究に果敢にチャレンジできる好奇心をもち、達成するための柔軟でタフな思考力があるとよいと思います。また、異分野のエンジニアの力をも取り込めるような人間力と、コミュニケーション力があれば、自分の中に全てを持っていなくても、活躍できると思います。

この分野の技術は社会をどう変えていきますか?

医薬品の設計や合成/開発、病気の原因解明や治療法の提案はもちろんですが、バイオミメティクス(バイオミミクリー、生物模倣などとも呼ばれる)技術は、建築や製造分野などの異分野にも取り入れられ始めており、産業に新しい視点を加えました。
たとえば、非常に強靭なクモの糸の自動車素材への応用、ヤモリの足の表面構造をモデルにした接着材料、カタツムリの殻の表面構造を模倣したタイル建材や蓮の葉の表面構造を模倣した自動車用破水ガラスなど、現在のところ生物のマクロな構造を静的に観察し模倣した事例が多いですが、将来はナノメーターサイズの分子レベルで生物を模倣できる可能性があります。

高村 岳樹

高村 岳樹工学部 応用化学科TAKEJI TAKAMURA

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

核酸合成/環境発がん/バイオマーカー

研究内容

体内では常にDNAの修復と変異が起きています。特に、環境中の発がん性物質によるDNAの修飾は変異を起こしやすく、これらの過程や原因を、物理・化学・計算科学を用いて解明します。また、DNA修飾時の傷の量を、小分子の生体内動態から明らかにするバイオマーカー検出を試みています。これらを総解釈し新たな抗がん剤の創出につなげます。

社会で活きる学びを得るためにどんなことしたらいいですか?

社会通念にとらわれない独自の価値観を持って欲しいと考えます。また、他分野からも方法論や専門性、知識を学び取り、自分の専門分野と融合させることができると、社会でも活躍できる人材になれるでしょう。