ICTスペシャリスト特別専攻ICTスペシャリスト特別専攻

ICT SPECIALIST

ICT SPECIALIST

社会ニーズに応えるアイデアを形にする

インターネットや人工知能の実用化により、世界の在り方は大きく変わりました。これからの時代に問われるのが、進化した情報通信インフラや人工知能を活用して、社会や人々の暮らしに貢献するテクノロジーをどのように創造するか、ということ。社会のニーズや課題を的確に捉える視野、新たなアイデアを生み出す発想力を起点に、工学的な知識と技術で思い描いた未来を形にしていく。地域社会、自然環境、医療福祉、ビジネス、エンタテインメントなど、あらゆるフィールドが新たなアイデアの登場を待ちわびています。

学びのキーワード

インターネットプログラミングWebサービス開発人工知能情報デバイスIoT(Internet of Things)データサイエンスコミュニケーションデザインネットワーク構築情報セキュリティシステム開発

鷹野 孝典

鷹野 孝典情報学部 情報工学科KOSUKE TAKANO

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

モバイル・データベースシステム/情報検索エンジン/Web情報推薦システム

研究内容

人間の知的活動を支援するために、多様なビッグデータをデータ工学的に分析・解釈し、WebシステムやAI応用システムとして情報サービス化をめざす研究に取り組んでいます。知的活動とは、買い物や料理、検索などの日常的活動から、ソフトウェア開発や自然環境調査などの専門知識が必要な活動まで幅広く対象としています。

これからどんなエンジニアが活躍すると思いますか?

エンジニアとして、プログラミング、システム構築、データサイエンスなど何でも良いので得意なスキルが一つ身に着いている人です。さらに、チーム内で自分の考えをわかりやすく説明し、情報共有が効率的にできると自分やエンジニア同士の成長を促し、成果につながるでしょう。

この専攻の特徴を教えてください。

1年生、2年生と早い段階で少人数制のセミナーで学ぶことにより、情報通信技術(ICT)に関する専門知識を深く理解するとともに、グループワークや演習を通して発想力やコミュニケーション力を養うことができる点が魅力的だと思います。
また、3年生次のICT海外研修では、英語習得以外に、現地学生との交流を深めるとともに、情報技術を国際的視点で学ぶプロジェクト学習を実践する点が大きな特徴です。

社会で活きる学びを得るためにどんなことしたらいいですか?

情報通信技術がどこで、誰に、どのように活用されているかを具体的に知ることから始めると良いと思います。社会に有用で、かつ面白い技術と出会うために、パソコンやインターネットで情報収集したり、友人と話し合うなどして、好奇心の感度を上げておくことも大事です。社会で利活用されている情報通信技術がおよそ見えてきたら、今度は掘り下げてその仕組みや関連技術を勉強していくとことが、学んだ技術を社会でも活かしていく道筋になると思います。

丸山 充

丸山 充情報学部 情報ネットワーク・コミュニケーション学科MITSURU MARUYAMA

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

新世代ネットワーク処理技術/高速大容量データ通信処理技術/高精細マルチメディア伝送

研究内容

エッジとクラウドを用いた超高精細映像処理技術が最近の研究テーマです。光ネットワークで広域接続されたエッジやクラウドの高速コンピュータ資源を使い、8Kのような超高精細映像をリアルタイムで加工処理する分散システムです。本研究室では、このような高速処理システムをソフトウェアで実現可能なアーキテクチャを扱っています。

学生に身につけて欲しいことを教えてください。

スマホはどうやって通信しているのだろう、自宅のネットワークはどのように接続されているのかなど、あくなき好奇心を持ってください。また、日々の生活の中で困った事を探し、こんな機能があったら便利だ、これを実現するためにはどんなシステムが必要かなど、妄想癖をつけると将来役に立ちます。

この専攻の特徴を教えてください。

最先端のネットワーク設備を使い、ネットワーク技術の面白さを実践で体験できることかと思います。研究室にとどまらずに、さまざまな研究機関と連携して対外実験を行う場や国内最大のネットワーク技術展示会などへの出展の際には、学生の皆さんにシステム構築をしてもらっています。この時、メーカ・研究機関などのプロフェッショナルの方々との協働作業になり、様々な刺激を受けているようです。

これからどんなエンジニアが活躍すると思いますか?

日本には、ネットワーク技術に長けたシステムエンジニア(SE)が非常に少ないと言われております。インターネット時代に求められるのは、実践が大好きでかつ、幅広いレイヤの知識を持った人材です。その上である分野に特に秀でている人は、大活躍すると思います。

佐藤 尚

佐藤 尚情報学部 情報メディア学科HISASHI SATO

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

コンピュータグラフィックス/感性情報処理/情報数学

研究内容

アニメーションなどではフォトリアルでない(=ノンフォトリアル)映像が使われています。私はこのノンフォトリアリスティックな映像を作る手法(NPR)を研究し、省略された画像や手書き風の画像を作る手法などを扱っています。また、CG関連技術を利用して、VRやアバターを利用したシステムの研究も行っています。

この分野の技術は社会をどう変えていきますか?

情報技術はますます私たちの社会を便利にしていきます。アニメの「電脳コイル」や「攻殻機動隊」などで描かれている技術の一部がどんどん実際の社会の中に入り込んでくるでしょう。むしろ、描かれている以上のものが現実社会で実現されるかもしれません。

社会で活きる学びを得るためにどんなことしたらいいですか?

チームでの技術開発を経験してください。また、各種ハッカソンやコンテストなどに参加するなども良いと思います。大学は小さいかもしれませんが、それでも社会に一つです。そして、一般的な社会よりもセイフティーネットが充実しています。法律違反はダメですが、色々なことに挑戦して、成功だけではなく失敗も経験して下さい。

この分野の面白いところを教えてください。

非常に幅広い分野と関連している点です。そして、開発された技術が割と短い時間で、社会での利用が期待できます。映画産業で有名なハリウッド近いロサンゼルス周辺などに、CG関連で有名な大学などが沢山あります。このような研究機関で開発された技術が、ハリウッドでの映画制作に、すぐに利用されています。