電気電子特別専攻電気電子特別専攻

ELECTRICAL ELECTRONIC

ELECTRICAL ELECTRONIC

現代社会を形づくる最先端技術の根源

半導体や電子デバイスをはじめとする電子工学、エネルギーや電力機器などの電気工学、IoTの進化を支える情報通信工学など、先端技術を幅広く支えているのが電気電子分野です。いまや身近な存在となったLED、5G、GPSなどに加え、量子コンピュータ、人工知能、クリーンエネルギーといった注目の次世代技術にもその存在は欠かせません。研究フィールドの広大さから、掴みどころのない印象を持つかもしれませんが、だからこそ無限の可能性を秘めている分野だと言えるでしょう。

学びのキーワード

次世代コンピュータ電子デバイス半導体ネットワーク無線通信エネルギー開発人工知能ソフトウェア開発ホームエレクトロニクス画像処理

中津原 克己

中津原 克己工学部 電気電子情報工学科KATSUMI NAKATSUHARA

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

光集積回路/光ネットワーク/通信システム

研究内容

5Gの次世代の情報通信ネットワークには、光信号の伝送・交換処理において、さらなる技術的進展に必要な「光集積回路」の実現が期待されています。当研究室では、理論解析だけでなく、電子ビーム描画装置、反応性イオンエッチング装置などを駆使した、新たな機能を持つ光デバイスの研究・開発を行っています。

これからどんなエンジニアが活躍すると思いますか?

卒業研究や大学院の研究などで未知の課題に挑戦し、自らの考えで壁を乗り越えた経験を持つエンジニアです。未知の領域や未経験の事柄への対応、新たな技術の開発において、周りから頼りにされる人として、活躍する人になると思います。

専門知識以外に身につけるべきことはなんですか?

「教わる」という受け身の姿勢から脱却し、「学ぶ」、「自ら学びに行く」という能動的な姿勢を身につけて欲しいと思います。
また、知識や経験を応用する力、物事をわかりやすく説明する力を身につけて欲しいと思います。そのために、柱となる「基礎となる考え方」、「概念」を。

社会で活きる学びを得るためにどんなことしたらいいですか?

何か1つのことを突き詰めて考え、語ることができると、社会に出て異分野の人と話をするときや新たな局面に遭遇したときに、学んだことを活かせると思います。
また、さまざまな技術の元となる原理、物理現象などが、どのように応用されているか考える習慣を付けておくと、社会で役立つ応用力が身につきます。

瑞慶覧 章朝

瑞慶覧 章朝工学部 電気電子情報工学科AKINORI ZUKERAN

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

環境/電子化学/静電気

研究内容

静電気、放電・プラズマを利用して大気環境を改善する研究を行っています。放電・プラズマ中に空気を流すことで、浮遊微粒子を帯電させ静電気力によって分離し、空気を浄化する技術です。空気中のウイルスや微生物、排ガス中の黒煙など、あらゆる粒子状物質を除去できます。大切な空気を守るための研究です。

この分野の技術は社会をどう変えていきますか?

電気電子工学は、光通信、自然エネルギー、医療などの技術の発展に貢献していくでしょう。空気環境分野では、ナノサイズの粒子、ウイルスや微生物など、空気中に浮遊する人体に有害な物質を高効率で除去できるようになり、安心して吸える空気の維持に貢献していくと思います。

この専攻の特徴を教えてください。

1年時から学生の意思が尊重され、希望する研究室のゼミに参加できることが大きな特長だと思います。また、大学院へ進学する割合がとても高く、自ら希望して国際会議に参加するなど、世界へ飛び出そうと頑張っている学生が多いように感じます。

専門知識以外に身につけるべきことはなんですか?

プレゼンテーションなどを通して発表する力、質問する力を身につけてほしいと思います。また、英語力をしっかり身につけ、将来世界を股にかけて活躍する人材になってください。

安部 惠一

安部 惠一創造工学部 ホームエレクトロニクス開発学科KEIICHI ABE

より詳しい情報はこちら

主な研究分野

コンシューマ・システム/組み込み技術/計測・制御技術

研究内容

現代社会に潜む課題等を拾い上げ、情報通信技術(ICT)等を活用したソリューション技術及び支援(アシスト)システムの応用研究。具体的には、一人暮らしをする高齢者の生活を見守るモニタリングシステムの研究や、大規模災害時の避難所支援システムの研究開発など、現代社会の課題解決が研究テーマです。

学生時代にどんなことをしたら良いですか?

学生時代に多くの知識を吸収し、沢山の引き出しを作ってください。また、普段から周囲としっかりコミュニケーションをとり、誰かと協力して物事を円滑に進める能力を身につけること、難しい問題から逃げずに真正面から考える意志を持つのも大切です。

この専攻の特徴を教えてください。

本コースは1年生からゼミ形式(少人数体制)で授業を行うため、早い段階からエンジニアに必要な課題解決能力が鍛えられます。また、3年次にある海外研修の授業では、実際に海外の大学・企業などに行き、約2~3週間の研修を受講するため,一般コースの学生より貴重な体験学習ができます。

これからどんなエンジニアが活躍すると思いますか?

論理的思考を持ちながら、一つのことに粘り強く積極的に取り組み、自らの力で切り拓く力が必要です。実際の生産現場では目に見えない問題が山積しており、自らの力で問題を発見し、解決する力が求められています。
そのためには、物事の本質を見抜く力と、自分の専門分野以外にも興味を持ちつつ色んな角度から物事を見る能力が必要です。