オナーズプログラムとは

とくに学力や勉学意識の高い学生を対象に組まれた教育プログラムを、「オナーズ・プログラム」といいます。内容は、より専門性を高め、広い視野を養う教育や思考力・発想力を育成するもので、欧米、とりわけ米国の大学ではオナーズ・プログラムを用意する大学が少なくありません。神奈川工科大学のオナーズ・プログラムは、2020年には7年目を迎えますが、現在、6つのオナーズ・プログラムが設置されています。この6コースのオナーズ・プログラムをまとめて、「スーパーサイエンス特別専攻」と本学では名づけています。

Image Caption
Image Caption
Image Caption
Image Caption
Image Caption
Image Caption

機械工学特別専攻
募集人員8名

豊かな教養と幅広い視野をもち創造性豊かて探求心あふれる機械技術者を養成することを教育方針とする。また、技術者としての社会的責任と倫理観をもち、急変する地球環境の保全やグローバル化・高度化する工業製品の開発設計・生産に貢献できる技術者を養成する。さらに、機械工学の基礎知識を十分に身につけ、これをもとに、生涯にわたって機械およひ機械システムを設計する能力を継続的に構築てきる技術者を養成することを目的とする。


育成する人材

社会が必要とする高度な機械システムの設計・開発に従事できる人材

母体となる学科
機械工学科(機械工学コース)

学びのKEY WORD
革新的防氷機構
噴霧燃料の数値シミュレーション
未利用エネルギーの有効利用

専門教育

1年次特別専攻セミナーⅠ・Ⅱ/2年次特別専攻セミナー Ⅰ・Ⅱ/機械工学特別講義

研究内容紹介(一例)

特殊環境用風力発電システム

シミュレーションによる燃焼現象の解明

電気電子特別専攻
募集人員8名

電気電子情報工学科、あるいはホームエレクトロニクス開発学科に在籍し、WEBサイトで紹介している「環境エネルギー」の教育プログラムを受けることができる特別専攻です。このプログラムを受けるには、特別専攻の入試を受験し合格することが必要です。

育成する人材

環境技術やEMS技術に対応できる研究者、高度技術者

母体となる学科
電気電子情報工学科
ホームエレクトロニクス開発学科

学びのKEY WORD
光集積回路
排ガス浄化装置
エネルギーマネジメントシステム

専門教育

環境・エネルギー/スマートハウスとエネルギー管理/デジタル音響機器と信号処理/1年次特別専攻ゼミ/2年次特別専攻ゼミ

研究内容紹介(一例)

次世代の通信を支える光集積回路の開発

HEMSを活用した生活見守りシステムの研究

ロボットクリエータ特別専攻
募集人員5名

ロボット・メカトロニクス学科に在籍し、WEBサイトで紹介している「ロボットクリエータ」の教育プログラムを受けることができる特別専攻です。このプログラムを受けるには、特別専攻の入試を受験し合格することが必要です。

育成する人材

先進的なロボット開発現場においてリーダーとなるクリエイティブなロボット開発者

母体となる学科
ロボット・メカトロニクス学科

学びのKEY WORD
先端ロボット開発
ネットワークロボティクス
インテリジェントセンシング

専門教育

ロボットクリエータ養成ゼミⅠ~Ⅵ/プロジェクト研究実践Ⅰ~Ⅵ/次世代ロボット開発Ⅰ~Ⅵ/アドバンストロボティックス/ロボットインテリジェンス/ネットワークロボティックス

研究内容紹介(一例)

買い物支援ロボットの開発

2足歩行ロボットの開発

医生命科学特別専攻
募集人員15名

応用化学科、あるいは応用バイオ科学科に在籍し、WEBサイトで紹介している「医生命科学」の教育プログラムを受けることができる特別専攻です。このプログラムを受けるには、特別専攻の入試を受験し合格することが必要です。

育成する人材

分子レベルでの生命現象や応用を修得した、医科学や医生命科学に関する高度な研究者

母体となる学科
応用化学科
応用バイオ科学科

学びのKEY WORD
抗がん剤開発
DNAの構造
タンパク質の発現と機能の制御

専門教育

医科学概論/生命機能材料化学/免疫化学/基礎医学/先端バイオ科学/特別専攻ゼミ(1-3年)

研究内容紹介(一例)

DNAの構造の変化と疾患に関する研究

タンパク質の発現や機能の制御に関する研究

次世代自動車開発特別専攻
募集人員8名

自動車システム開発工学科に在籍し、WEBサイトで紹介している「次世代自動車開発」の教育プログラムを受けることができる特別専攻です。このプログラムを受けるには、特別専攻の入試を受験し合格することが必要です。

育成する人材

次世代自動車の研究開発や設計業務に携わる新しいタイプの技術者

母体となる学科
自動車システム開発工学科

学びのKEY WORD
次世代自動運転
次世代自動車のアクティブ制御
次世代EV充電技術

専門教育

次世代自動車力学/次世代自動車動力/次世代自動車制御/次世代自動車通信/次世代自動車開発プロジェクトⅠ~Ⅴ

研究内容紹介(一例)

次世代自動車のアクティブ制御に関する研究

次世代自動運転の研究

ICTスペシャリスト特別専攻
募集人員15名

情報工学科、情報ネットワーク・コミュニケーション学科、あるいは情報メディア学科のいずれかに在籍し、WEBサイトで紹介している「ICTスペシャリスト」の教育プログラムを受けることができる特別専攻です。このプログラムを受けるには、特別専攻の入試を受験し合格することが必要です。

育成する人材

ICT時代のスペシャリスト

母体となる学科
情報工学科
情報ネットワーク・コミュニケーション学科
情報メディア学科

学びのKEY WORD
クラウドコンピューティング
バーチャルリアリティ技術
エージェントシミュレーション

専門教育

ICT特別演習/特別専攻セミナー/ICTスペシャリストセミナー/情報工学特別講義

研究内容紹介(一例)

エッジとクラウドの連携によるリアルタイム映像処理基盤の実現

五感でリアリティを感じさせる技術

学生インタビュー スーパーサイエンス特別専攻
【オナーズプログラム】スーパーサイエンス特別専攻選抜について
資料請求