応用バイオ科学部 応用バイオ科学科が 変わります!

応用バイオコース

健康・医療分野、食品・食糧分野、
環境・エネルギー分野の3分野を中心に、
バイオ化粧品や植物バイオなど産業界で
活躍できるための幅広いバイオ技術を修得します。

特徴的な学び

健康・医療分野

  • 医療診断(酵素分析・酵素免疫)
  • 天然物化学
  • 生理活性物質(薬理作用)
  • 医用材料(生体適合性ポリマー)
  • 老化制御・ストレス応答

食品・食糧分野

  • 食品分析
  • 食品加工(酵素・微生物)
  • 機能性食品・サプリメント
  • 食の安全(微生物・殺菌)
  • 生活習慣病予防

環境・エネルギー分野

  • バイオプロセス(グリーンバイオ)
  • 環境保全(バイオレメディエーション)
  • 酵素、微生物の探索と応用
  • 生体高分子の構造と機能
  • 水浄化・循環

生命科学コース

生命科学コースでは、生命科学の基盤となる
化学、生物学、物理学、数学、情報科学の基礎に始まり、
学年進行に伴って生命化学・生物科学領域の
より専門的な内容の学びを通して、
生命科学分野における未知なる
課題の発見・解決能力を養います。

特徴的な学び

理科教育実践プログラム

教職課程の科目群に加えて、高校や中学で の理科分野の探求的な教育で実施可能な実習プログラムの開発を行います。

バイオコンテスト

バイオテクノロジーについて「高校生・大学生が楽しく学べる教材をつくる」をコン セプトに進めていく、全国の大学を見ても稀な、一風変わった授業です。

学科の特徴

バイオサイエンスセンター

バイオメディカル研究センター

企業で実際に使用されている高度で先端的 な設備を学生の時から使用できます。
これは研究者を目指す人の学ぶ意欲に答える施設であり、神奈川工科大学の応用バイオ科学科ならではの大きな魅力と言えます。

スーパーサイエンス特別専攻

意欲が高い学生のための
ハイレベルな教育を提供

POINT

  • 特別専攻専用の科目を受講
  • 年間60万円を給付(2年次以降は給付条件有)
  • 個人負担なしで2つの海外研修を受けられる
  • 1年次から少人数のゼミに所属
  • 最低TOEIC600点を取得する英語教育(卒業要件)

「スーパーサイエンス特別専攻」の教育プログラムを受講するためには、一般入試またはセンター方式入試で学科を受験し、学科合格と同時に「スーパーサイエンス 特別専攻」の基準をクリアしなければなりません。