トップページ >> 重要なお知らせ

重要なお知らせ

2020.07.08

学生・保護者の皆様へ( 新型コロナウイルス感染症対策の徹底)

本学では緊急事態宣言解除を受け、6月8日(月)よりオンライン授業に加え、大学院生、学部卒研生の実験・実習授業についても感染防止対策を十分に立てた上で、学内にて段階的に開始いたしました。おかげ様で皆様のご協力のもと、今日まで順調に進行しております。

一方、東京都はじめ近隣3県では、感染者が再増加する状況となり、第2波の到来と懸念されております。そこで、新型コロナウイルス対策室では、学生の皆様に再度感染防止策の徹底をお願いすることにいたしました。そのため、『新型コロナウイルス感染症対策 大学生活における「新しい生活様式」の実践チェックシート』と『新型コロナウイルス感染症対策学生アンケート』をポートフォリオにて配信いたします。前者は、日常生活の中で注意すべき点を列挙していますので、常に身近に置き、活用をお願いします。後者は、皆様の状況を定期的に大学として把握させていただくためのもので、簡単なアンケート形式ですので、ご協力よろしくお願いします。

神奈川工科大学学長 小宮 一三
新型コロナウイルス対策室


■大学生活における「新しい生活様式」の実践チェックシート

【通学時・学内】

健康観察記録表を利用し、毎日、健康観察(検温、体調確認)を行う。
□風邪症状等体調不良時は登校せず自宅療養に努める。
□大学到着後や昼食前等には、手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)。
□咳エチケットの徹底。
□人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。
→教室・学食等で着席の際は、着席可の場所に着席し人との間隔を確保する。
□会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。
□外出時や屋内でも会話するとき、人との間隔が十分とれない場合は、症状がなくてもマスクを着用する。ただし、夏場は、熱中症に十分注意する。
□帰宅したらまず手や顔を洗う。人ごみの多い場所に行った後は、できるだけすぐに着替える。シャワーを浴びる。


【学外・日常生活】

健康観察記録表を利用し、毎日、健康観察(検温、体調確認)を行い、風邪症状等体調不良時は外出せず自宅療養に努める。
□まめに手洗い・手指消毒を行う。
□咳エチケットの徹底。
□こまめに換気(エアコン併用で室温を28℃以下に)
□身体的距離の確保。
□「3密」の回避(密集、密接、密閉)を徹底する。飲食店等を利用する場合には、感染症対策を行っている店舗を利用する。クラスター発生等のリスクの高い施設・店舗は利用しない。
□「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」(厚生労働省)・「LINEコロナお知らせシステム」(神奈川県)等を活用しリスク低減に取り組む。
□一人ひとりの健康状態に応じた運動や食事、喫煙等、適切な生活習慣の理解・実行する。



PAGE TOP