トップページ >> 入試案内 >> 自己推薦入試

自己推薦入試

出願の要件を満たせば、出願することのできる「自己推薦入試」です。出願にあたって、評定平均値の条件がなく、高校からの推薦書も必要ありません。

なお、出願に際しましては、必ず「募集要項」をご確認ください。

入試日程

項目 日程 備考
インターネット出願登録期間 11/18(月)~11/29(金)15:00まで 検定料振込
出願書類提出期間 11/18(月)~11/29(金)<消印有効> 郵送のみ受付
試験日 12/7(土)
合格発表日 12/13(金)
入学手続き締切日
(延納制度有)
12/20(金)<消印有効> 郵送のみ受付
  • (土)(日)祝日、12/28(土)~1/5(日)は休業です。

募集人員

工学部 機械工学科
(航空宇宙学専攻を含む)
4名
電気電子情報工学科 4名
応用化学科 2名
臨床工学科 2名
学部計 12名
創造工学部 自動車システム開発工学科 3名
ロボット・メカトロニクス学科 2名
ホームエレクトロニクス開発学科 2名
学部計 7名
応用バイオ科学部 応用バイオ科学科
(応用バイオコース、生命科学コース)
4名
栄養生命科学科 3名
学部計 7名
情報学部 情報工学科 5名
情報ネットワーク・コミュニケーション学科 4名
情報メディア学科 5名
学部計 14名
看護学部 看護学科 2名
学部計 2名
合計 42名

出願要件

下記の(1)、(2)の項目をすべて満たす者。
なお、工学部機械工学科(航空宇宙学専攻)を志願する者については、下記の(1)、(2)に加えて、工学部機械工学科(航空宇宙学専攻)の「自己推薦入試の選抜方針」で定める英語力を必要とする。

  1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を2020年3月卒業見込の者、または卒業している者(現役・既卒を問わず)。または、高等学校卒業程度認定試験に合格した者・合格見込みの者(大学入学資格検定に合格した者を含む)で、2020年3月31日までに18歳に達する者。
  2. 本学を専願としている者(合格した場合、入学を辞退しない者)。

提出書類

提出書類 提出書類作成上の注意
1. 調査書(開封無効) 高等学校を2020年3月卒業見込みの人は、3年生1学期までの評定平均値を記載した調査書を提出してください(前・後期2期制の高等学校在籍者は3年生前期まで)。高等学校を2020年3月以前に卒業した既卒者は、卒業時の評定平均値を記載した調査書を提出してください。高等学校卒業程度認定試験合格者・大学入学資格検定合格者は合格成績証明書を提出してください。
※高等学校卒業後、調査書の保管期間(卒業後5年)以上を経過している場合および廃校・被災その他の事情により調査書を得られない場合には、調査書に代わる書類(卒業証明書)を提出していただきます。その際、高等学校から調査書の発行が不可能である旨が記載された文書を発行してもらい卒業証明書に同封してください。上記以外の事情により高等学校の調査書や卒業証明書を得られない場合には、企画入学課に相談してください。
2. 自己推薦書 指定の用紙に、本学への志望動機、入学後の抱負、将来の希望等を800字以内にまとめること。
3. 志願票 インターネット出願を完了し、提出書類のダウンロード画面から志願票を印刷してください。志願票の写真貼付欄に上半身・脱帽・正面向きで最近3ケ月以内に影した写真(縦4cm×横3cm)を必ず貼付してください。

【機械工学科(航空宇宙学専攻)出願者のみ提出】
次の英語力を有することを証明する書類の写し(A4 サイズ)を提出してください。
英検準2級以上、GTEC(オフィシャルスコア)L&R&W500点以上、TOEFL-iBT35点以上、TOEFL-PBT(ITP)※417 点以上、TOEIC(IP)※ L&R400点以上
※TOEFL-PBT(ITP)、TOEIC(IP)に関しては、志願者の在籍する高等学校が実施団体の場合のみ認める。

入試内容

工学部、創造工学部、応用バイオ科学部、情報学部、看護学部

評価項目 配点割合 特記事項
適性検査
(60分間)
60% 【機械工学科、電気電子情報工学科、応用化学科、臨床工学科、自動車システム開発工学科、ロボット・メカトロニクス学科、ホームエレクトロニクス開発学科、応用バイオ科学科】
数学Ⅰ・Ⅱ程度
【栄養生命科学科】
「化学基礎・化学」(出題範囲を指定。「募集要項」65ページを参照)
【情報工学科、情報ネットワーク・コミュニケーション学科、情報メディア学科】
数学Ⅰ・Ⅱ程度
面接 40% 「大学進学目的および勉学意欲の確認」、「各学部学科別の事前提示テーマに関しての内容確認」(指定学科のみ)を中心とした面接を通じ人物評価とともに「思考力・判断力・表現力」、「主体性・多様性・協働性」、「知識・技能」を評価します。<1人約15分>(受験者1名に対して面接員2名で実施)

選考方法

面接、適性検査による総合判定で選考。ただし、機械工学科(航空宇宙学専攻)は、自己推薦入試の選抜方式で定める英語力を証明する書類の提出が必要。
*ただし、面接において勉学意欲が、適性検査で適性が極端に低いと判断された場合、不合格とする場合があります。

系統別志望順位制について

第1志望学科のみに出願、または同一系統内であれば、第1志望学科に加えて他の学科を最大第4志望まで志望順に出願することも可能です。また、応用バイオ科学部栄養生命科学科を第1志望とする人は、応用バイオ科学部応用バイオ科学科(応用バイオコース)を第2志望とすることができます。
なお、機械工学科(航空宇宙学専攻)、臨床工学科、応用バイオ科学科(生命科学コース)および看護学科は、志望順位制を実施しません(第1志望のみ)。

志望順位制実施系統・学科

系統 学科 出願
機械・電気・自動車・ロボット 機械工学科(航空宇宙学専攻除く)、電気電子情報工学科、自動車システム開発工学科、ロボット・メカトロニクス学科、ホームエレクトロニクス開発学科 第1志望~第4志望まで出願可能
化学・バイオ 応用化学科、応用バイオ科学科(応用バイオコース) 第1志望~第2志望まで出願可能
情報 情報工学科、情報ネットワーク・コミュニケーション学科、情報メディア学科 第1志望~第3志望まで出願可能
栄養生命科学科 栄養生命科学科を第1志望とする人は、応用バイオ科学科(応用バイオコース)を第2志望とすることができる。
志望順位制なし
(第1志望のみ)
機械工学科(航空宇宙学専攻)、臨床工学科、応用バイオ科学科(生命科学コース)、看護学科

入学試験会場

会場 最寄駅 所在地
神奈川工科大学 小田急線本厚木駅 神奈川県厚木市下荻野1030

PAGE TOP