トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 看護学部

看護学部

看護学部の特徴

さらに拡大する在宅医療に対応できる看護師の養成
団塊の世代が65歳以上となり、さらに高齢化が進む我が国、また地域において、在宅医療の必要性は高まる一方です。本学看護学科の特徴として、在宅看護の知識、実践力の高い看護師養成を進めます。既存の必修科目の「在宅看護」の他に工学部を持つ本学の強みを生かし、在宅で必要となる機器の知識と理解を深めるため、「看護のための人間工学」「医療機器と在宅技術T・U」を科目として置いています。
災害時に対応できる看護師の養成
地震等の大規模災害や局地的な風水害、また大きな事故が生じた場合、多数の傷病者の発生が見込まれます。災害現場において迅速、かつ適切に対応できる看護師養成を本学科の特徴の一つとしています。災害看護分野の研究実績のある教員を配置するとともに、「災害看護学」「災害看護活動論」などの科目を置き、地域の災害対応訓練などの機会を捉え、実践的な教育を行っていきます。
保健医療福祉チームの連携に寄与できる看護師の養成
医療の質や安全性の向上、高度化・複雑化に対応するために、他の医療関係職種と連携・補完し合い、チーム医療のなかで協働できる能力の向上が求められています。そこで、「地域保健医療看護論」で専門職の連携・協働が必要であることを学び、さらに、「専門職間連携活動論」を科目として置き、連携の実際を学び、課題やあるべき姿を考察するための能力を身につけます。
ICT(情報通信技術)を使いこなせる看護師の養成
今やどの分野においても、パソコンをツールとして使いこなすことが必要となっています。看護の領域においても、多量の情報を扱うこと、また在宅看護等で必要となる画像データ等の送受信を行う情報ネットワークの知識など、ICTはより必要不可欠な技術となってきます。情報学部を持つ本学は、勉強環境、キャンパスでの生活環境など、すべてがICT化されています。個人の勉強記録と振り返り、教員の指導もポートフォリオで効率良く進められます。本学においてキャンパスライフを過ごすことが、そのままICTを使いこなせる力につながります。

養成する人材像

  1. 1. 人間を多面的・総合的に理解し、高い倫理観を持ち、調和のとれた人間関係を築くことができる人材を養成します。
  2. 2. 看護師として必要な専門的知識と実践的能力を体得し、卒業直後から指導助言のもとに看護ケアができる高い実践力を有した人材を養成します。
  3. 3. 看護学研究に関する思考力と創造性を滋養し、看護学の進歩に即応しつつ、将来的に高度の知識や技術を有した看護師となる基礎を備えた人材を養成します。
  4. 4. 地域の保健・医療・福祉制度の下で、他の医療関係職種と連携・協働し、チーム医療の中で看護の役割を果たすことができる人材を養成します。
  5. 5. 地域のおける在宅医療と災害時医療の観点から、地域の医療体制の整備と充実に主体的に取り組むことのできる人材を養成します。

取得可能な資格

  • ・看護師(国家試験受験資格)
  • ・保健師(国家試験受験資格)(※1)
  • ・養護教諭2種免許(※2)
  • ・第一種衛生管理者(保健師免許取得後)
  • ※1.看護師に加え、保健師の受験資格を得る学生は20名。
  • ※2.保健師免許取得後に、と都道府県教育委員会に教員免許申請をして養護教諭2種免許を取得した者。

資格取得サポート

神奈川工科大学では、学生の看護師国家試験合格率100%に向けて、入学時から大学・教員(アドバイザー)が一丸となってサポートしていきます。

看護師国家試験合格へのサポート

PAGE TOP