トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 情報学部 >> 教員紹介 >> 納富・鈴木研究室

情報工学科納富・鈴木研究室

人間に快適なコンピュータ環境の実現を目指そう

教授:
納富 一宏
助教:
鈴木 孝幸
主な研究分野
  • ■対話型システム
  • ■システム運用・管理
  • ■医用・生体情報工学

教員メッセージ

インタラクティブ・システム(Interactive System:対話型システム)の設計・構築からその運用・管理に至るまでの様々な問題を研究テーマとして扱っています。例えば、医療カルテの記載内容をコンピュータで分析し、自動的に病気の種類別に整理・分類してデータベース化するシステムの開発を行っています。また、ホームページを閲覧するあらゆる年齢層の人々が見易いと感じる配色についての実験や、キーボードのタイピングの癖から個人を判別する実験をしています。皆さんも「人間とコンピュータ」について考えてみませんか?

主な研究テーマ

  • ・自己組織化マップを利用した生体個人認証
  • ・ホームページの視認性(見易さ)・可読性(読み易さ)の研究
  • ・eラーニングシステム・授業支援システムの開発と運用評価
  • ・医療情報システムの開発とユーザインタフェースの高度化
  • ・自然言語による地図自動生成システムの開発

PAGE TOP