トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 情報学部 >> 教員紹介 >> 宮崎研究室紹介

情報工学科宮崎研究室紹介

情報処理技術で社会に貢献する

教授:
宮崎 剛
主な研究分野
  • ■画像処理応用
  • ■画像認識
  • ■障碍者支援

教員メッセージ

私たちの普段の生活の中で、デジタル画像に触れる機会が増えてきました。例えば、デジタルテレビやスマートフォン、デジタルカメラなどです。画像がデジタル化されることで、その画像に含まれる情報を様々な形式で処理することが可能となり、数多くの画像処理技術が生まれてきました。本研究室では、画像処理技術を応用した読唇技術の研究を進めています。言葉を話している映像から口の動きを読み取り、話している内容を理解する技術の実現を目指しています。そして将来は、この技術を聴覚に障がいを持つ人のコミュニケーション手段の一つとして役立てたいと考えています。

主な研究テーマ

  • ・読唇技法のモデル化に関する研究
  • ・発話時の音と口形の関係に関する研究
  • ・発話アニメーションの自動生成に関する研究
  • ・障碍者のコミュニケーションを支援するソフトウェアの開発

PAGE TOP