トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 工学部 >> 教員紹介 >> 高石研究室

機械工学科高石研究室

作動流体の熱物性を解明する

教授:
高石 吉登
主な研究分野
  • ■熱工学
  • ■熱物性
  • ■冷凍空調

教員メッセージ

有限なエネルギー資源を有効に利用するためには、熱機関や冷凍・空調機器などエネルギー変換システムの最適化や高効率化が必要です。最適・高効率の変換システムを設計・開発・運転・制御するためには、その中で働く作動流体の熱物理的性質を十分に知っておくことが重要です。最近では、作動流体には環境に対する配慮も求められます。作動流体の熱物理的性質についての研究は機械工学を支えています。皆さんもこのような大切な基礎研究に参加しませんか。

主な研究テーマ

  • ・冷媒/冷凍機油混合系の表面張力に関する研究
  • ・冷媒の熱力学性質に関する研究
  • ・作動流体の粘性率に関する研究
  • ・冷媒/冷凍機油混合系の沸騰伝熱特性に関する研究
  • ・振動細線密度計による高圧流体の密度に関する研究

PAGE TOP