トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 工学部 >> 教員紹介 >> 大瀧研究室

臨床工学科大瀧研究室

医療に役立つ身体情報の計測・評価技術を提案する

准教授:
大瀧 保明
主な研究分野
  • ■バイオメカニクス
  • ■生体医工学
  • ■メカトロニクス

教員メッセージ

身体動作や生体情報の計測技術と、その応用について研究しています。たとえば、身に付けるセンサや計測システムによって、日常の環境での身体の状況や、動作・行動の特長を評価できるようになります。実験室外にある「その場」のニーズに適う計測の方法、数値的な評価の方法を明らかにすることが研究の指針です。研究テーマのいくつかは、臨床医療やヘルスケアへの展開を念頭に、学内外の共同研究にて実施しています。

主な研究テーマ

  • ・高齢者や患者に過度な負担を強いない歩行計測・評価方法の研究
  • ・歩行、立位等での姿勢の調節と安定性、また評価装置の研究
  • ・日常生活での移動や行動履歴、位置を推定し記録する技術の開発
  • ・スポーツ動作や生活動作の運動計測、巧みさに関する力学的分析
  • ・家事や着替えなどの日常生活動作の計測、評価方法に関する研究
  • ・生体信号を用いた行動の評価、精神負荷、身体負荷などの定量化

PAGE TOP