トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 創造工学部 >> 教員紹介 >> 河原崎研究室

ロボット・メカトロニクス学科河原崎研究室

僕らの思いと機械をつなぐ

教授:
河原崎 徳之
主な研究分野
  • ■ヒューマンインターフェース
  • ■ロボット工学
  • ■画像工学

教員メッセージ

これから超高齢社会を迎えるにあたり、福祉、介護ロボットなどの実用化が期待されています。ロボットが日常生活に入り込むためには、人が簡単にロボットを操作できることが望ましいと考えられます。ベッドに寝たままで指さした物を持ってきてくれるロボットがあれば便利です。河原崎研究室では、画像処理や各種センサーを用いて、ジェスチャによりロボットに作業を行わせるなど、人と機械の調和システム(ヒューマンインターフェース)を研究しています。

主な研究テーマ

  • ・コミュニケーションロボット「白燕」の開発
  • ・熱画像によるジェスチャ認識の研究
  • ・ICタグによる移動ロボットのナビゲーション
  • ・音声による家電機器のリモコン制御
  • ・発声による健康管理システムの開発

PAGE TOP