トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 創造工学部 >> 教員紹介 >> 石綿研究室

自動車システム開発工学科石綿研究室

見えない流れのメカニズムを解明する

教授:
石綿 良三
主な研究分野
  • ■流体工学
  • ■可視化情報
  • ■スポーツ工学

教員メッセージ

 空気や水などに代表される流体(気体と液体)の流れはふつう目に見えませんが、このような流れのメカニズムを解明しています。そして、それらをいろいろな技術に応用しています。例えば、自動車の空力性能(空気抵抗やダウンフォース)がそうです。また、野球やサッカーなどの球技でボールを回転させると、まわりの空気から力を受けて変化しますので、空気の流れとボールの関係を解明する必要があります。水中ロボットや海洋構造物と流れの干渉なども研究しています。他にも流体の技術は幅広い応用分野があります。

主な研究テーマ

  • ・水中での車両空力試験装置の開発
  • ・競技用ソーラーカーの空力性能
  • ・スポーツにおける変化球の画像計測と数値シミュレーション
  • ・流体力学に関する間違った科学情報の拡散

PAGE TOP