トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 応用バイオ科学部 >> 栄養生命科学科

応用バイオ科学部 栄養生命科学科(管理栄養士養成課程)

概要

健康な社会をめざすとともに、環境を大切にし、人間としての優しさ、豊かさ、思いやりをもてる人材の育成をめざします。そして、「生命科学」「健康科学」および「栄養科学」を学習することにより、健康・保健教育・指導や栄養教育・指導の実践を担える科学的センスに富んだ管理栄養士を養成することを目的とします。

教育


動画で紹介「食品学実験T」

栄養生命科学科は管理栄養士養成課程であることから、管理栄養士の国家試験受験資格を得るために必要なカリキュラムの配置と、管理栄養士として様々な業界で活躍するために必要な力がつく、特徴あるカリキュラムを構築しています。

理工系大学で管理栄養士を目指すメリット

バイオをはじめ、幅広い生命科学の視点を養成
本学では、理工系大学ならではの各学部・学科との連携教育を通し、より広く、深いフィールドから管理栄養士に必要な資質を育みます。生命も物質から成り立っていることを重視し、生物学や化学を基礎から学びます。応用バイオ科学部が培ってきた健康・医療、食品・食糧分野の学びをベースに、応用バイオ科学科と共通カリキュラムである「分子生物学」「免疫化学」「分子栄養学」「臨床生化学」などを設置。遺伝子治療、再生医療などの先端的な「バイオテクノロジー」を学習・研究できる環境で、多彩な生命科学の知識と視点が修得できます。

情報技術を多様に活用できる、次世代の管理栄養士へ
高度情報化社会の到来は、管理栄養士の栄養教育にも変革をもたらし、従来の対話型と共に、さまざまなツールを活用した合理的な方法が求められるようになると考えられます。本学がもつ情報技術とテクノロジー分野の教育により、多様な情報活用の知識と技能が身につきます。医療や介護の現場でのIT化やモジュールシステム化への対応はもちろん、インターネットや携帯電話を使った遠隔相談や情報配信も可能に。本学科では、そのシステムを理解し、提案する力の修得により、将来の活躍の場を大きく広げます。

+α資格取得プロジェクト授業

栄養生命科学科では、「管理栄養士」の国家資格に加え、もう一つの資格を身につけることで、より専門性の高い管理栄養士、すなわち専門職業人=プロフェッショナルを育成することを目的に5つのプロジェクトを用意し「+α資格取得プロジェクト授業」として実施します。食品関連企業やスポーツクラブチーム、病院や介護施設、県や市との連携授業として開講し、学内では得られない知識や経験を重ね、専門的な力を養成します。

国家試験対策

国家試験の100%合格をめざす支援体制
理工系の研究教育の強みを導入し、管理栄養士が幅広く活躍できるカリキュラムを編成していますが、管理栄養士の資格を確実に取得することが前提となります。栄養生命科学科では、管理栄養士の国家試験に余裕を持って合格できるための対策を整え、支援体制も万全です。

国家試験対策室を設置
豊富な資料と自習エリアを備えた国家試験対策室を設置。管理栄養士である専任スタッフが管理栄養士の国家試験合格に向け、個別の相談に親身に対応します。
◆管理栄養士国家試験合格率
 2014年度(第1期生) 92.5%
 2015年度(第2期生) 100%
 2016年度(第3期生) 84.8%


eラーニングシステムで試験対策
本学独自のeラーニングシステムを使って、過去問題研究や予想問題にキャンパス内、自宅でチャレンジでき、自分の弱点発見や補強ができます。



資格取得サポート

栄養生命科学科で取得できる資格・免許
・管理栄養士の国家試験受験資格
・栄養士免許
・栄養教諭一種免許状
・食品衛生管理者、食品衛生監視員(任用資格)
・衛生工学衛生管理者受験資格


進路について
「管理栄養士」の活躍のステージは幅広い業界に広がっています。 栄養のプロである管理栄養士の活躍の場は、「健康」「食」「栄養」にかかわるあらゆる領域へ広がっています。神奈川工科大学はこれまでの高い就職実績を活かし、栄養生命科学科でも、栄養サポートを重視する病院や、特定健診の中核となる保健機関などとの連携強化や企業の技術・研究分野に多くの人材を輩出してきた実績のもと、食品・家電・健康、情報産業などといった幅広い業界へのサポートをしていきます。また、大学院への進学も可能です。

施設紹介

調理実習・食品加工室

調理実習用のコンビネーションレンジ、デッキオーブンなど約50点の設備の他、講師の調理の手さばきを映すためのモニターシステムを装備。

栄養生命講義室「キッチンスタジアム」

講義室後方が高くなる階段教室方式を採用。前方に実際の調理実演を直接みることができるキッチンスタジアム機能を有し、シンク、ーブン、コンビーションレンジなどが完備されています。また90席全てに実習用ノートPCを設置しています。

給食経営管理実習室

給食の運営・管理実習の場として使用。 HACCP概念に基づいた大量調理の衛生管理マニュアルに沿った設備、新調理システム用の機器を導入。工程別にエネルギー使用量を計測できるシステムを採用しています。

臨床栄養実習室/カンファレンス室

各種人体標本、骨密度測定システムなど100点以上の機器を設置。病院における栄養サポートチーム(NST)での業務を想定し、カンファレンス室も併設。

PAGE TOP