トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 応用バイオ科学部 >> 教員紹介 >> 山村研究室

応用バイオ科学科山村研究室

遺伝子工学を応用した測定・物質生産・探索

准教授:
山村 晃
主な研究分野
  • ■遺伝子
  • ■酵素
  • ■抗体

教員メッセージ

遺伝子は、タンパク質の設計図です。これを大腸菌などの宿主に組み込むことで、目的のタンパク質(酵素や抗体)を大量に生産することができます。タンパク質は、それを作る遺伝子によってアミノ酸配列が異なるため、それに伴って熱に安定であるなどの性質が変化します。その優れた特性の原因を、設計図である遺伝子を組み換えて確認して、他のタンパク質にも、その特性を付加できるかどうかを検討しています。また、抗体やペプチドを表面に提示するバクテリオファージの集団の中から、物質を認識するものを探索することも検討しています。

主な研究テーマ

  • ・新規酵素の遺伝子塩基配列の決定
  • ・熱安定酵素の熱安定機構の解明
  • ・ファージディスプレーによる抗体の探索
  • ・酵素の大量発現系の構築と物質・エネルギーの生産
  • ・植物カルスによる物質生産

PAGE TOP