トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 応用バイオ科学部 >> 教員紹介 >> 田中研究室

応用バイオ科学科田中研究室

生活習慣病と闘う食品成分を探せ!

助教:
田中 理恵子
主な研究分野
  • ■食品機能学
  • ■分子生物学
  • ■生活習慣病

教員メッセージ

食生活の欧米化に伴って、日本では糖尿病や高脂血症、脂肪性肝炎などの生活習慣病にかかる人が増加しています。私たちが摂取している食品の中には、これらの疾患を予防する可能性を秘めた成分が含まれています。本研究室では、肥満や脂肪性肝炎に対して抑制効果を有する食品成分を探索するとともに、食品成分がどのようなメカニズムで効果を発揮するのか、培養細胞やモデル動物を使って研究しています。

主な研究テーマ

  • ・熱産生脂肪細胞の分化を促進する食品成分の探索
  • ・骨格筋からのイリシン分泌を制御する成分の探索
  • ・ビタミンEによる脂肪性肝炎抑制のメカニズム

PAGE TOP