トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 応用バイオ科学部 >> 教員紹介 >> 清水研究室

応用バイオ科学科清水研究室

おいしさと健康をささえる食品高分子の開発

教授:
清水 秀信
主な研究分野
  • ■食品
  • ■カプセル
  • ■コロイド

教員メッセージ

食品に含まれるイソフラボン、カテキン、ドコサヘキサエン酸などのファイトケミカル(機能性食品)は、水に溶けにくいものが多いため、効率的に体内に吸収されないという問題があります。本研究室では、健康のために摂取が望まれる栄養成分を、体に負担をかけない状態で体内へ効率よく吸収させるために、高分子科学の知見を利用して、栄養成分をコロイド状(水中に10-500nm程度の大きさの微粒子が分散した状態)にすることを目指しています。

主な研究テーマ

  • ・アミロイド繊維形成を阻害する食品高分子の開発
  • ・機能性食品成分のカプセル化
  • ・微生物マイクロカプセルの調製
  • ・環境応答性高分子と機能性食品との相互作用
  • ・酵素によるポリフェノール粒子の作製と生理活性

PAGE TOP