トップページ >> 学部・大学院 >> 大学 >> 応用バイオ科学部 >> 応用バイオ科学科

応用バイオ科学部 応用バイオ科学科

概要

生命科学を生活に役立てるための基本的な知識を持ち、さらに最新の生命科学技術を学ぶことにより、地域社会はもとより、地球社会に貢献でき、国際性豊かに活躍できるバイオ技術者、バイオ支援技術者を養成することを目的とします。

教育


動画で紹介「バイオ実験/応用バイオ実験」

健康・医療バイオコース
医薬、診断薬について学びます。
医療診断(酵素分析・酵素免疫)/生理活性物質(薬理作用)/再生医療(組織培養)/医用材料(生体適合成ポリマー)

環境バイオコース
環境微生物、環境修復について学びます。
バイオプロセス(グリーンバイオ)/環境保全(バイオレメディエーション)/酵素、微生物の探索と応用/生体高分子の構造と機能

食品バイオコース
機能性食品、サプリメントについて学びます。
食品分析/食品加工(酵素・微生物)/機能性食品・サプリメント/食の安全(微生物・殺菌)/醗酵食品・組換え食品

バイオ化粧品コース
美をサポートするバイオ技術を学びます。
機能性化粧品/細胞培養(組織培養)/アンチエイジング/スキンケア/生理活性物質の分析

植物バイオコース
遺伝子組換えや組織培養について学びます。
遺伝子組換え植物/組織培養/有用植物の作用/植物機能の有効利用

バイオ総合コース
バイオの全般的なことについて学びます。
バイオ支援技術/機器分析/資格取得

充実の科目で、まずしっかりと基礎固め

高等学校で学んだ「数学」「物理」「化学」「英語」「生物」などの科目を入り口に、大学での各関連の専門分野へとスムーズに興味を広げられるよう、導入・基礎科目を配置しています。実験と授業を融合したユニットプログラムを取り入れ、体感しながら基礎を習得できるとともに、自分が学びたいものは何か、どのように学びたいのかを意識した上で、取り組んでいくことができます。

実験、実習の積み重ねで、即戦力の実力を養成

1年次から3年次まで様々な実験科目および実験と授業が融合したユニットプログラムを通して、微生物・動植物細胞の取り扱いや観察方法、遺伝子組換え技術、生理活性物質の合成等の基礎技術を習得します。また、HPLCをはじめとした機器分析技術、バイオインフォマティクスに関する情報処理技術の習得を通して、環境、医療、食品分野などにおいて活躍できる技術基盤を身につけます。

語学教育と海外研修で、国際感覚豊かな技術者に

国際感覚を持った人材育成のため、「国際コミュニティーバイオ英語T・U」や短期(1ヵ月)・長期(6ヵ月)で行う「海外バイオ研修」を実施。バイオのための英語教育からステップアップし、最終的には英語でバイオを身につけることを目的としています。また、世界の人々と交流を深め、見識を深めることも目標の一つです。




【医生命科学特別専攻】
医生命科学の分野で活躍できる人材を育成します。生命科学に特化し、応用バイオ科学科の強みである生物(生命)の側面から、医化学や医生命科学に関する高度な知識を修得、産業界への優秀な人材を輩出することをめざしています。

資格取得サポート

食品関連資格が取得できるフードサイエンスコース
フードサイエンスコースは、厚生労働省から食品衛生関連資格者の養成施設に認定されています。所定の単位を取得すると、食品衛生管理者、食品衛生監視員の任用資格が得られます。


バイオ技術者認定試験の受験を支援
応用バイオ科学科では「バイオ技術者」の認定試験を推奨しています。この試験は、バイオ技術を利用できる能力を判定する試験で、高校生を対象としている初級と、中級、上級があります。中級は遺伝子組換え技術や細胞融合技術、生物などの利用技術、これらを行うための安全管理に関する知識を認定するもの。上級は生物利用技術を中心にさまざまな技術と知識を持ち、実際にバイオテクノロジーを応用する資質を認定するものです。これら中級、上級の試験合格をめざして授業でバックアップします。


取得可能な教員免許状
・中学教諭一種免許状 理科
・高等学校教諭一種免許状 理科
・高等学校教諭一種免許状 工業

施設紹介

バイオサイエンスセンター

バイオ系の実験設備を集約した「バイオサイエンスセンター」。高度な分析機器を完備しているほか、遺伝子実験室・微生物実験室・培養室・食品加工室・動物飼育室などの施設が揃い、大学院生や教員にもフルに活用されています。このような最先端設備を学生が利用できることは、神奈川工科大学の応用バイオ科学科ならではの大きな魅力と言えます。


PAGE TOP