ロボットクリエータ特別専攻

ここ数年、ロボットが活躍する場は、工場内に限らず日常生活や医療現場、災害現場など広範囲に渡ってきています。現在でも多くの家庭で掃除機ロボットが使われており、人間型のコミュニケーションロボットも普及しそうな状況であり、ロボットの形も日々進化してきています。ロボットは、機械・電気・情報の基幹技術を組み合わせたシステムインテグレーション技術です。しかし、今後さまざまな環境で活躍できる実用的なロボットを開発するためには、基礎技術とものづくりのスキルを持った上で、ロボットに対する新しい発想を持った人材が必要とされます。このような社会背景に呼応して、ロボットクリエータ特別専攻を設置します。本特別専攻は、工学の基幹技術およびロボット工学分野の専門知識を有して、大学院への進学やロボット開発のリーダーとなる高度技術者をめざす人材を育成します。

●特別専攻担当教員

教授 兵頭 和人
(ロボット・メカトロニクス学科)

●等身大2足歩行ロボットの開発
●屋外での自律動作システムの開発
●行動トレースシステムの開発

【ゼミの内容】
2足歩行ロボットの製作を通じて、ロボットや組み込み機器を開発するための基本技術を習得する。
ロボットアスリートカップやROBO-ONE等の大会へ出場するための歩行ロボットの作成を行います。

教授 河原崎 徳之
(ロボット・メカトロニクス学科)

●買い物支援ロボットの開発
●ジェスチャによる電動車いすの操作システムの開発
●生活支援ロボットの開発

【ゼミの内容】
1年次のゼミでは、大学で行っている研究のようすを知るために、各研究室を順番に巡り、専門研究の説明を受けます。ロボット開発に必要な機械、電気電子、情報の基礎技術だけでなく、本学科の目指す次世代ロボットに要求される人間工学や身体計測などについても勉強します。ゼミでの内容は、1年生の皆さんがこれから学ぶ専門科目の概要となりますが、専門用語など難しい部分は、その都度教員が説明を行います。その他、このゼミの時間を利用して、特別専攻の皆さん個別に講義の状況や問題点などを確認しています。またゼミを通じて、1年から研究室の雰囲気にも慣れ、4年生とも親しく接することができます。2年次以上のゼミでは、ロボットアームや2足歩行ロボットなど、いくつかの実施テーマを皆さんが選択し、ロボット製作を通じて、センサ回路やマイクロプロセッサの制御方法などを体験的に学びます。

准教授 吉留 忠史
(ロボット・メカトロニクス学科)

●屋内・屋外移動ロボットの開発
●誘導・追従・並走ができるロボットの開発
●コミュニケーション技術

【ゼミの内容】
屋内・屋外を走行する移動ロボットの製作と制御、ジェスチャ認識や音声認識などのコミュニケーション技術を組み込んだ、人と共存する生活支援ロボットの開発を行う。