医生命科学特別専攻

ライフサイエンスやバイオテクノロジーは、DNA二重らせんの発見や遺伝子増幅法の発明などの理学的知識・工学的知識や技術をもとに、生命現象の解明やその機能の有効利用に貢献しています。医療・医薬、食品・食糧、環境・エネルギー等のさまざまな分野で応用され、ますます発展していくことが期待されています。さらに今後も医生命科学特別専攻は、この新しい分野で活躍できる人材を育成するために、基盤となる分子レベルでの生命現象やその応用の修得を目的としています。特に、発展が目覚ましい医療や医薬、医科学への応用をターゲットとした、医生命科学を学習します。応用バイオ科学科と応用化学科に共通する生命科学に特化し、両学科の強みである生物(生命)および化学(分子)のそれぞれの側面から、医化学や医生命科学に関する高度な知識を身につけます。

●特別専攻担当教員

教授 飯田 泰広
(応用バイオ科学科)

●抗アルツハイマーに関する研究
●がん細胞にアポトーシスを誘導するための研究
●化粧品開発に関する研究 

【ゼミの内容】
研究において実験することも重要ですが、その他にも、既存の知見を収集し整理し未解明の領域を把握することや、新しい実験方法を理解すること、データをまとめて考察し、発表することなど多くの重要な要素があります。これらはすべての研究に共通して重要であるため、研究室単位ではなく、医生命科学特別専攻全体でゼミに取り組んでいます。そのような総合的な能力を高めるため、実際のゼミでは、論文の探し方から読み方、実験を行ってまとめて発表することに取り組んでいます。その成果として、本専攻2年次でサイエンスインカレにファイナリストとして選ばれ、発表しています。

教授 小池 あゆみ
(応用バイオ科学科)

●タンパク質の立体構造形成を助ける分子シャペロンの作用機構の研究
●タンパク質性ナノカプセルを利用した医療応用技術の開発

【ゼミの内容】
1~3年次まで、担当教員3人と一緒にゼミをすすめます。医生命分野に関するテーマで実験を行いながら、研究活動で必要となる学術論文の探し方、読み方、実験結果をまとめる技術、研究成果の発表技術を身につけます。講義や学生実験で学んだ知識・技術を、並行して開講されるゼミの研究の中で実践力にし、定着させていきます。データを積み重ね、解析し、思考し、真理を追究する研究活動の一端を体験します。

教授 髙村 岳樹
(応用化学科)

●DNA損傷に起因した新規なバイオマーカーの検出
●光によって制御されるナノマテリアルの合成
 

【ゼミの内容】
研究を行う上で、必要な資質は、研究を我慢強く行うことと、得られた成果を発表することにあります。とくに、成果のまとめ方や、発表の仕方、効果的な文章の作り方は、これまで高校では習ってきていない内容です。
実際の研究を進めながら、これらの研究に必要なスキルを身につけていきます。