環境エネルギー特別専攻

低炭素社会の構築に向けて、枯渇の心配がない再生可能エネルギーの導入拡大や、環境に配慮した省エネ・創エネ・蓄エネ技術が重要になると考えられています。また、家庭やビル、工場などにおいてエレクトロニクスや情報通信技術と連携したエネルギーマネジメントシステム(EMS)が、今後の社会では重要なインフラとして注目されます。このような背景のもと、環境技術やEMS技術に対応できる研究者・高度技術者が必要とされています。環境エネルギー特別専攻は、電気電子分野の基礎学力やその応用力を培う授業を展開。環境エネルギー分野の専門知識を有し、大学院への進学や高度技術者をめざす人材を育成します。

●特別専攻担当教員

教授 板子 一隆
(電気電子情報工学科)

●太陽光発電システムの発電効率向上に関する研究
●太陽電池パネルの欠陥診断のための研究

【ゼミの内容】
調光装置の製作とその電力特性および高調波電流の分析による電磁ノイズの評価。

教授 一色 正男
(ホームエレクトロニクス開発学科)

●生活IOTの基盤技術研究
●スマートハウス関係技術の研究

【ゼミの内容】
ゼミは、人と人が集う時間である。一人ひとりが考えてきたことを話題提供し、自由闊達に論議し、それぞれが考える時としている。皆、唯一/ユニークな人間として、人と違うことを「考える」ことが大切であり、それぞれが高みを想像して成長することを願っている。
具体的には、各グループが実施している研究テーマについて、状況を発表して、相互に理解しあい、より良いあるべきことを提案することにしている。

教授 金井 徳兼
(ホームエレクトロニクス開発学科)

●スマートハウス技術が理解できる学習教材の開発
●家庭環境情報のマップ化とその活用

【ゼミの内容】
2年次のゼミを担当
省エネ実現のための技術論文を参考に、省エネを実現する計測制御技術を理解する。
学生から省エネに繋がるシステムの提案とそのモデルを実際に製作して評価考察する。