トップページ >> ニュース

ニュース

2018.05.30

ステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」が「人とくるまのテクノロジー展2018」に展示されました

創造工学部自動車システム開発工学科 山門・狩野研究室と共同研究を行っているベアリングメーカーのNTNは、5月23日〜25日にパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展2018」にステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」出展し、同時開催の「自動車技術会 春季大会学術講演会」でこの開発品の制御技術について学術講演を行ないました。

従来のステアリング装置は、ハンドル操作の角度によって転舵するタイヤの角度が一定に設定されており、走行しながら直進やコーナリングなどの走行条件ごとに最適な設定に変更することができませんでした。

「sHUB」は、既存のステアリング装置を変更することなく車両の前輪転舵・懸架装置に取り付け可能で、左右各輪の転舵角度を個別に補正することができるモジュール商品です。運転時のハンドルの操作角度と車速のデータをもとにタイヤの転舵角度を最適に補正することで、車両のコーナリング性能や高速直進時の安定性を向上させるほか、スリップなど非常時の車両姿勢の安定化を図るとともに、燃費改善にも貢献します(NTNホームページより)。

車両運動制御については、「sHUB」に適した制御方法を本学で導き出しました。本制御則を実装した実験車両を用いて、運転時のハンドル操作量が最大4割低減されることを確認しており、「sHUB」を搭載することで運転の負荷軽減に貢献します。また、ドライバーのハンドル操作による車両の応答性が約5割改善するという結果が得られており、運転のしやすさの向上にもつながります。

PAGE TOP