トップページ >> ニュース

ニュース

2017.11.13

平成29年度 神奈川県ものづくり技術交流会でポスター発表を行いました

「神奈川県ものづくり技術交流会」は、企業・大学・公設試験研究機関等で得られた研究・業務成果を公開し、研究者・技術者等の交流・技術連携を促すとともに、中小企業の新製品開発、技術力の高度化・研究開発力の向上につなげていくための場として毎年開催されています。今年度は、「KISTEC始動!~拡げよう創造のネットワーク~」と題して、11月8日(水)~11月10日(金)の3日間、神奈川県産業技術総合研究所で開催されました。

本学からは3つの研究室から合計7件のポスター発表を行いました。研究者や近隣企業の方々をはじめとして、多くの来場者があり、活発な質疑応答が行われました。

【ポスター発表の概要】
1.ライフサイエンス(発表日:11月8日)
(1)ヒダントイン誘導体への置換基導入法の検討
   (応用工学科:山口研究室)
(2)GroESのモバイルループがGroESに及ぼす影響
   (応用バイオ科学科:小池研究室)
 (3)細胞内光クロスリンク技術によるシャペロニン
   複合体の解析
   (応用バイオ科学科:小池研究室)
 (4)反応サイクル時間を変化させたGroEL
   変異体の作製
   (応用バイオ科学科:小池研究室)

2.環境安全技術(発表日:11月10日)
 (1)地震予知を目的とした大気イオン濃度の測定
   (機械工学科:矢田研究室)
 (2)動物の異常行動を計測して地震予知
   (機械工学科:矢田研究室)
 (3)水素燃焼による加湿暖房装置の開発
   (機械工学科:矢田研究室)



【関連サイト】

https://www.kanagawa-iri.jp/collaboration/exchange_meeting/exchange_meeting/

PAGE TOP