トップページ >> ニュース

ニュース

2017.08.23

ものづくりを通して海外の若者と交流!ものづくりグローバルワークショップ開催

ホームエレクトロニクス開発学科が学科創立10周年記念特別企画として、「ものづくりグローバルワークショップ」を開催しました。8月19日(土)~21日(月)の3日間で、高大連携プログラムの一環として、神奈川県内の高校生や本学学生に加え、中国や台湾・タイの高校生や大学生、さらに、海外研究者、企業技術者、高校の先生方等にも参加していただき、グローバルな意見交換や提案が行われました。

本プログラムの目的は、ロボット製作に関する基礎知識を学ぶこと。未来のロボット家電や家庭用ロボットを構想しアイディアを提案すること。ものづくりを通して海外の若者と交流し異文化に対する理解を深めコミュニケーション力を高めることにあります。

参加大学、高校は海外を含めて12校となり、先生方含め70名以上の参加となりました。3日間のプログラムは以下の内容で、原則として、開会式や挨拶、特別授業も英語で行われ、特に日本の高校生にとっては、普段経験できない有意義な3日間を過ごすことができたと思います。

<3日間の主なプログラム>
8月19日(土)9:30~15:30
・特別講演「モバイルロボットの未来に向けて
 講師:アカテリアル株式会社
 代表取締役社長 鈴木華代先生
 講師:国立台湾大学工学部機械工学科
 教授 林沛群先生
・参加校代表よりプレゼン
・ロボット基本講座
・コミュニケーションパーティ
8月20日(日)9:30~15:30
・課題テーマの理解と家電製品のモデル化
(チーム活動)
8月21日(月)9:30~16:00
・未来家電の試作と提案
(チーム活動)
・修了式
<参加校>
中国揚州大学、国立台湾大学、タイKing Mongkut's工科大学、神奈川工科大学、台湾新北中和高校、神奈川県立弥栄高校、神奈川県立麻溝台高校、神奈川県立相模田名高校、神奈川県立相模原総合高校、神奈川県立座間総合高校、神奈川県立川崎工科高校、静岡県立沼津工業高校

PAGE TOP