トップページ >> ニュース

ニュース

2017.01.31

国際学会で本学が発表した研究がBest Presentation Award (Robotics)を受賞しました

平成28年11月に中国北京で開催された国際会議「ISCIIA2016」で、本学の遠隔リビング「どこでもホーム(Anywhere Home)」と、存在感伝達に関する研究が、Session Best Presentation Award (Robotics)を受賞しました。
本研究は、遠隔地に人の存在感を伝達するスマートハウスとロボットの連携技術で、本学3学科(ホームエレクトロニクス開発学科、情報メディア学科、情報工学科)と北京理工大学、東京理科大学の共同研究の成果です。


<受賞題目>
Personal Characteristic Motion of Elderly Gait for Nursing Relocation Using Robot and Telepresence Smart House

Authour: Yoichi Yamazaki, Kentaro Nakamura, Masaki Mikami, Takayuki Misu, Hiroshi Sugimura, Takuya Hashimoto, Shingo Otsuka, Akihiko Shirai, Masao Isshiki, and Kaoru Hirota,
Proc. of The 7th International Symposium on Computational Intelligence and Industrial Applications (ISCIIA2016), FA-GS3-02, Nov.2016


<ISCIIA2016>
http://isciia2016.bit.edu.cn/


PAGE TOP