トップページ >> ニュース

ニュース

2016.11.21

応用バイオ科学科の学生が「日本海水学会若 手会 第3回海水・生活・化学連携シンポジウム」で学生ポスター賞を受賞

 10月13日に日本大学工学部(福島県郡山市)で開催された「日本海水学会若 手会 第3回海水・生活・化学連携シンポジウム」で応用バイオ科学部応用バイ オ科学科4年の橋本なつみさんと陳佳泉さん(指導教員:市村重俊教授)が「耐 ファウリング性新規分離膜の開発を目指したリン脂質ポリマーブラシの作製とキャラクタリゼーション」の題目で発表を行い、学生ポスター賞を受賞しました。

【橋本さんの受賞コメント】
 水処理に利用される分離膜において、細孔の目詰まり(ファウリング現象)が問 題となっています。これを抑制する方法の1つとして、タンパク質吸着抑制の性質を持つポリマーを膜表面や細孔内に修飾するものがあります。私たちは、耐ファウリング性新規分離膜の開発を目的として3年後期のゼミから取り組んできた研究の成果を発表しました。
 初めての学会発表ということもあり大変なこともありましたが、先生や研究室の仲間のおかげで無事に発表を終えることができ、光栄なことにポスター賞を受賞することができました。今後も、今までにない新規分離膜の開発を目標として研究を進めたいと考えています。

PAGE TOP