トップページ >> ニュース

ニュース

2016.11.11

中高生の科学研究実践活動推進プログラムで川崎工科高校と本学機械工学科田辺研究室が連携

中高生の科学研究実践活動推進プログラムで神奈川県立川崎工科高校と本学の機械工学科田辺研究室が連携・協働することとなりました。
11月11日(金)に、川崎工科高校の生徒さん6名と先生が本学にお見えになり、機械工学科の田辺研究室にて、「電車に関する研究について」というテーマで、田辺教授の講義を受け、研究室の学生達とともに、実験・調査を行いました。

※中高生のための科学研究実践活動推進プログラムとは?
国立研究開発法人科学技術振興機構では、学校、教育委員会と大学等が連携・協同し、中高校生自ら課題を発見し、科学的な手法にしたがって進める「科学研究実践活動」の継続的な取組みを推進するため、本プログラムを実施しています。

PAGE TOP