トップページ >> ニュース

ニュース

2016.09.14

CEATEC JAPAN 2016で講演、技術展示を行います

アジア最大級の規模を誇る映像・情報・通信の国際展示会「CEATEC JAPAN 2016(シーテック ジャパン 2016)」が10月4日~7日、幕張メッセで開催されます。国内および海外を代表するIT&エレクトロニクスの関連企業および団体が参加するもので、時代の先端を行く最新技術や製品の発表や、デモンストレーション、さらに企業トップやキーパーソンによる講演やセミナーが開催されます。2000年に第1回が開催されて以来、今回で17回目を迎えました。昨年は531社・団体が出展し、13万人以上の来場者が訪れています。

本学からもシンポジウムに、創造工学部ホームエレクトロニクス開発学科一色正男教授がパネリストとして講演いたします。また、情報工学科からは7年連続で技術展示を行います。

■NEXTイノベーション(スマートハウス)
特別講演:「スマートハウス市場~世界動向と国内動向~」
日時:10月6日(木)15:30~17:30
会場:国際会議場2階 コンベンションホールB
家電機器のネットワーク化が、日本、アメリカ、欧州、アジアにおいて様々なスマートハウスビジネスを誕生させています。我が国では、経済産業省を中核とする官民連携により相互接続確保を優先させる戦略を推進、ECHONET LiteのIEC標準化と共にガラパゴスならぬオープンスタンダードなスマートハウス立ち上げの世界的動きをリードしています。本シンポジウムでは、その最新動向を国内外の専門家と議論します。
ぜひ、ご参加ください(無料)

下記のコンファレンスカレンダーで聴講予約ができます。
http://eventregist.com/e/ceatec2016

■NEXT イノベーションエリア
情報工学科の教員、学生の有志から研究室横断の形で構成している「i-Androidの会」から出展します。通信機能に加え、内蔵する多様なセンサ群、高い処理能力というスマートフォンが持つ潜在能力・可能性とIoTや機械学習を組み合わせた新たな技術、システムを提案し、それらを具現化、実証することに取り組んでいる下記のテーマを紹介、展示、実演します。
今年はテレビ番組でシリーズ化された技術の展示を含めて出展規模を拡大し、全開催期間にわたって2ブースを確保しています。

【展示概要】
・スマートフォンを音源に用いた高精度屋内測位システム
・発電自転車と仮想現実(VR)を連動させた人力発電マネージメントシステム
・点字を用いた携帯端末向け入力方式(点字入力IME)
・日本語の音と口形の関係性に基づいた機械読唇モデル
・カラー手袋を用いたHMMによる手話認識

展示日時:10月4日(火)~7日(金)10:00~17:00
出展内容の詳細は以下で確認できます。
http://www.ceatec.com/ja/exhibitors/detail.html?id=6966
皆様のご来場をお待ちしております。
【CEATEC JAPAN 2016】
http://eventregist.com/e/ceatec2016


PAGE TOP