トップページ >> ニュース

ニュース

2014.12.26

電気電子工学専攻の大学院生と4年生がポスター賞を受賞しました

電気電子工学専攻大学院2年生の黄 澄揚さん(指導教員:板子一隆教授)が2014年10月22日~24日に神奈川県産業技術センターで
開催された”平成26年度ものづくり技術交流会”において研究成果のポスター発表を行い、ポスター賞を受賞しました。
発表論文:” 太陽光発電システムにおける日射強度変動時の効率向上のためのMPPT制御の開発”

受賞した黄さんは「今回の発表内容は、地元神奈川県の企業との共同研究での成果です。企業の共同研究員の方から、たくさんのユニークな見方や意見を頂き、
今まで知らなかった知識や方法をたくさん学び大変良い勉強になりました。また、社会人とのコミュニケーションにより、色々な社会経験もできました。
これらの経験を母国での就職活動に役に立てたいと思っています。このような貴重な経験を得る機会に恵まれ、先生や共同研究員の方に大変感謝しています。」と感想を述べました。

また、11月13,14日に東海大学湘南キャンパスにおいて開催されたシンポジウム’14 SAS Intelligent Symposium(26th)の環境・エネルギー部門で
電気電子情報工学科4年生のバハシュ・ホサームさんとアシャリーダ・アハマドさんがポスター発表を行い、ショートプレゼンテーションを行ったホサームさんがポスター賞を受賞しました。

発表論文:”リアルタイムホットスポット検出システム”

ホサームさんは「ポスター賞を受賞することができ、大変嬉しく思います。ショートプレゼンテーションでは、研究内容を短時間でまとめて発表するのが難しかったですが、
ポスター前に来てもらった方々に説明したり、ディスカッションすることができてとても良かったと思います。
今後は、大学院に進学してより深く太陽光発電システムの研究をしたいと思っています。」と感想を述べました。

PAGE TOP