トップページ >> ニュース

ニュース

2016.06.15

応用バイオ科学科小池あゆみ教授の研究成果が日経産業新聞に掲載されました

平成28年6月8日(水)の日経産業新聞の先端技術面に本学応用バイオ科学科小池あゆみ教授の研究成果が「大腸菌カプセル改良-薬を放出する時間制御-」として紹介されました。

本研究は大腸菌が合成するタンパク質であるシャペロニンを改良し、薬を包み込むことができる微小なカプセルの開発に関するものです。
近年の医薬においては化学的安定性が低い核酸医薬などの薬剤を、安定的に生体内の目的となる腫瘍細胞などに配達できるドラッグデリバリーシステム(DDS)の開発が期待されています。
小池先生が遺伝子組換えにより開発したシャペロニンは、保持したタンパク質などを通常8秒程度で放出するところを、12日間程度まで維持できるため核酸医薬などのDDSへの応用が期待されています。
最新の研究では、DNAを切断する薬剤を内包したシャペロニンカプセルをハムスターの線維芽細胞に加え、細胞を死滅させる効果を確認することができました。
このようにシャペロニンを活用したDDSは、画期的ながん治療などとして期待が大きく、今後も注目されていくものと思われます。

PAGE TOP