神奈川工科大学は平成25年に50周年を迎え、現在は、学生数5,000人が学ぶ理系総合大学としての礎を固めることができました。今後、理系総合大学として、「ものの豊かさ」ばかりでなく「心の豊かさ」を求める時代変化に対応していくことが必要になります。この社会的課題に対し、本学では、工学系、情報系に加え、生命系を充実させ、3分野で課題解決型教育研究体制の再構築を進めてきました。その上で、本学が培ってきた科学技術教育の教育内容を基盤として、地域社会の課題である保健医療分野の持続的な発展に貢献し、適切な地域医療体制の実現に寄与する必要があると判断したことから、平成27年4月、看護学部看護学科、工学部臨床工学科を開設することとなりました。