【KAITキャンパス情報】オープンキャンパス在学生トークコーナー



オープンキャンパスの在学生トークコーナーでは、学生スタッフの入試体験談やキャンパスライフの話題をパネルで紹介しています。それらの中から、学生スタッフがリサーチした「先輩たちに聞いてみた 一般入試・センター試験対策」と「一人暮らし~ アパートと学生寮の選択肢~」をお届けします。



★小論文と面接が得意ではなく、センター試験で受験した方が合格できると思ったからです。また、受験科目の国語と数学はどちらかを選択でき、得意な科目で受験できることが魅力でした。 (応用バイオ科学部 栄養生命科学科)

スカラシップ制度に魅力を感じ、一般入試を受験しました。スカラシップ制度*は、一般入試・センター試験の成績優秀者に年間授業料のうちの一部が支給される制度です。もちろん入試で上位成績に入らないといけませんが、そのために必死で勉強しました。 (看護学部 看護学科)

*スカラシップ制度への対象となる学科があります。詳細は「知って得する入試情報」でご確認ください。



★センター試験の対策では、本番の時間配分に慣れるために様々な模試を受けて 何度もシミュレーションするようにしていました。 (応用バイオ科学部 栄養生命科学科)

★数学は、計算問題集と基礎問題集を8割以上解けるようになるまで繰り返しやりました。その後、同じやり方で受験対策をしていました。 (情報学部 情報工学科)

★英語は文法と単語が苦手でした。そのため、文法は英文法問題集を使い、基礎~標準問題が解けるようになるまで徹底的にやりこみました。単語は電車の移動時間などを利用し、英単語帳を使って単語を覚えるようにしていました。 (応用バイオ科学部 栄養生命科学科)





五角(ゴカク)=合格ということで、合格祈願の鉛筆として使っていました。モチベーション向上のためのアイテムにもなりました。(工学部 機械工学科)



多くの受験生が使っている英単語帳です。私は、この単語帳と英単語のアプリで単語を覚えられるようにしていました。 (応用バイオ科学部 栄養生命科学科)



チョコレートが大好きで、受験期はいつもカバンに入れていました。勉強で疲れたときやテスト前の時間に食べると、ちょっとした気分転換にもなります。(情報学部 情報メディア学科)




★センター試験を受けた後、一般入試までの間に気が緩んでしまい、元の勉強モードに戻すのが大変でした。その結果、一般入試直前で焦ってしまったので、受験生の皆さんは気を引き締めて頑張ってください。応援してます! (応用バイオ科学部 栄養生命科学科)

★勉強した後で休む時間を設けるのも大切です。しかし、休みすぎても勉強が手につかなくなることがあります。勉強と休みのバランスはよく考えましょう。(情報学部 情報メディア学科)



親元を離れての進学では、アパートにするか学生寮にするか迷う人も多いようです。それぞれの特徴について先輩に聞いてみました。



■プロフィール
名前:Y.S 
学科:看護学部 看護学科 3年
出身地:福島県

<アパート 家賃:4万6千円  通学時間:徒歩約15分>

私が一人暮らしをして良かったと思うことは、自分の生活に合わせて時間を調整できることです。その理由は、課題作成や家事などの予定をその日の都合に合わせて決めることができるからです。

私の場合は、病院実習が始まると毎日の記録物や翌日の準備があり、家事に充てる時間が少なくなってしまいます。そのため、休日には料理を作り置きしたり洗濯をまとめてしたりするなど家事を行う日を決めています。

特に大変だと感じることはお金の管理です。友達と遊んだり買い物をしたりするお金をどれくらにするかを自分で決めなければなりません。そのため1ヶ月の生活費や食費の目安を立てて、使い過ぎないように意識しています。



■プロフィール
名前:K.S 
学科:工学部 機械工学科 2年
出身地:栃木県

<学生寮 家賃:6万6千円(平日の朝・夕食事つき)   通学時間:徒歩約15分>


私が住んでいる学生寮では、新入生歓迎会やバーベキューなどのイベントがあります。他にも、大学主催の寮対抗バレーボール大会もあり、参加することで、自分と違う学年・学科の人達や他の学生寮とも交流できる機会が設けられています。これらをきっかけに寮生と履修登録や講義などの相談、学校生活の話などをするようになりました。

学生寮では朝・夕と食事が出ます。寮生活なら苦労しないで、バランスの良い食事を取ることができます。食事の時間が19:00~21:00と決められていますが、管理人さんに20:00までに連絡すれば、帰りが遅くなってもすぐに食べられます。

土日や祝日は食事が出ませんが、他の学科の学生と交代で料理を作ったり、外食に行ったりして交流を深めています。


■KAIT受験生向けメールマガジンの申込みはコチラ↓
https://www.kait.jp/mailmagazine/

■本学のFacebook、Twitterは、KAIT公式スマホサイトから登録できます。
http://info.kait.jp/sp/

■LINEの登録は下記QRコードからできます。
オープンキャンパスでの特典情報も届きます!



>>メールマガジン登録フォームはこちら