2月4日(木) 配信メルマガ「飛び出しトーク」はこちらから

神奈川工科大学には、現在6つのボランティア団体があり、環境や防犯、高齢者や障害者支援など様々な活動をしています。

今回はその中から「車いす修理のボランティア KWR修理屋」の活動内容について紹介します。代表の横山さん(情報学部 情報工学科1年)にお聞きしました。
*掲載写真、活動報告(抜粋):Facebook 「KWR」より


<KWR修理屋についての紹介をお願いします>
現在、KWRは男子6人、女子4人の計10人で活動しています。活動内容は車いす修理をして海外へ送ることを中心として、高校生に向けた修理会なども行っています。

<設立の経緯>
◆2002年10月にロボット・メカトロニクス学科の小川先生と学生が中心になって設立。参加した学生の中に高校時代『空飛ぶ車いすボランティア』を行っていた学生がいたことから、KWR修理屋も『空飛ぶ車いすボランティア』に参加し、活動を行っています。

<主な活動内容> 大きく分けて次の3つのことを行っています。
1、車いすの回収・修理・点検、海外への輸送
不要になった車いすを回収し、洗浄や修理、そして安全転換を行い、海外で車いすを必要としている人に送ります。東日本大震災の被災地にも車いすを届けています。
2、施設訪問
老人ホームや福祉施設などを訪問して、車いすの修理や点検を行っています。
3、修理講習会の実施
『空飛ぶ車いすボランティア』に参加している高校生や地域の方に、車いす修理の講習会を開いています。

<2015年度の活動内容>
●2015年5月☆東北被災地支援活動

東北被災地(女川町、大船渡市、陸前高田市)にてボランティア活動を行いました。女川町では女川社協にて、大船渡市では介護老人保健施設気仙苑にて、修理活動を行いました。
今年は、女川町にJR女川駅ができ、多くの観光客の方がいました。駅ができることで、女川町を観光する人が増え、更なる復興が進むのではないかと思います。
●2015年6月☆車いす修理会
私立大森学園高等学校にて車いす修理会が行われ、タイに送る22台の車いすを清掃しました。

(^^)!横山さんから
修理会で講師やアドバイザーをするときには、親しみやすいように、笑顔で話しかけるように心がけています。また、部品の役割の説明を交えながら修理を行っています。

●2015年6月☆いわて車いすフレンズ 車いす整備技術講習会
岩手県社会福祉協議会主催の「いわて車いすフレンズ 車いす整備技術講習会」にKWRがアドバイザーとして参加しました。

(^^)!横山さんから
「空飛ぶ車いすプロジェクトによって、寄贈した車いすがどのように使われているのか?」をテーマに、車いす修理や清掃活動をしている工業高校の高校生に報告をしました。
現地に車いすを持っていった時の写真や、実体験を話すことで、「自分たちが修理した車いすが実際に使われている」ということを実感してもらえました。

●2015年8月☆あきた車いすリサイクリングセミナー
秋田県社会福祉協議会主催の「あきた車いすリサイクリングセミナー」に、車いす修理講習者として参加しました。
6日は竿燈まつり最終日で、本番前日に現地入りし、お祭りを見る機会を頂きました!


*あきた車いすリサイクリングセミナーの様子が、ジャパンタイムズに掲載!
http://www.japantimes.co.jp/news/2015/08/24/national/schools-wheelchair-repairs-give-new-life-to-people-in-need/#.Vp0GgzZbo3i

その他、8月には、厚木看護専門学校の車いすを点検、清掃。また、新潟医療福祉大学のFWSさんと合同活動をしました。
<空飛ぶ車いすプロジェクトin Thailand>
タイでは、初めてのサコンナコーン県という所で活動をしました。
日本からは、約130台の車いすが、サコンナコーン病院に届いていました。コンテナで輸送されるため、輸送中に故障をしていないか、点検、清掃を行う必要があります。

当日は、Sakon nakhon technical collegeの学生6人と一緒に整備をし、車いす整備の技術を伝えました。


車いすの贈呈の日は、午前中に4件の家庭を訪問をし、どのような家で使われるのかを視察しました。午後は大勢の方が、遠くから病院にいらしていました。

贈呈するときには、なるべく利用者の方に合う車いすを選びます。シートの幅、フットサポートの高さなどをチェックします。身体に合わない車いすを渡してしまうと、身体にまた新たな悪影響がでてしまうので、この時は真剣に利用者さんと向き合います。


サコンナコーン県滞在最終日、サコンナコーン病院が「Thank you Party」を開いてくれました。今回も、特に大きな事故もなく、有意義のある活動をすることができました。現地コーディネートや、病院の方、その他たくさんの方の協力があって活動をすることができます。

<横山さんから、皆さんへ>
KWR修理屋では、空飛ぶ車いすの参加校である新潟医療福祉大学のFWSさんや全国の工業高校の皆さんと一緒に、海外へ車いすを送る活動をしています。そのため、活動範囲や交流の輪がとても大きいサークルです。私たちと一緒に海外支援ボランティアに参加してみませんか?


☆車いす修理のボランティア KWR修理屋 HP
http://kwrsyuuriya.web.fc2.com/index.html
活動内容をもっと詳しく知りたい人はFacebookでどうぞ。
https://www.facebook.com/kwrsyuriya/?fref=ts

☆神奈川工科大学のボランティア団体について知りたい人はコチラをクリック↓
*ボランティアプラス(公式ボランティア団体HP)
http://www.kanagawa-it.ac.jp/%7El4012/gak/vdantai.html



>>メールマガジン登録フォームはこちら