5月8日(木) 配信メルマガ「飛び出しトーク」はこちらから

『KAIT Express』とは、神奈川工科大学の部活動やキャンパスの話題を紹介するクラブ情報マガジンです。制作を担当しているのは「学生広報チームAPECK」。今回は同チームの佐藤さん(栄養生命科学科3年)に、2014年春号『KAIT Express Vol.29』のエピソードや次号(2014年夏号 『KAIT Express Vol.30』)への意気込みについてお聞きしました。

<簡単な自己紹介をお願いします>
学生広報チームAPECKの佐藤朱里(応用バイオ科学部 栄養生命科学科3年)です。
出身は山形県で、現在、1人暮らしをしています。毎日、忙しく過ごしていますが、とても楽しく充実しています!

<KAIT Express』、そして「学生広報チームAPECK」とは?>
平成19年に『部活動を応援しよう!』という目的で発足したのが、私たち「学生広報チームAPECK」で、クラブ情報マガジン『KAIT Express』を年に4回(春、夏、秋、冬)発行しています。

現在の部員数は15名で、そのうち8名が新入部員です。4月発行の春号は7人で制作しましたが、7月発行の次号は倍以上の15名で制作します。新入部員が増えて部内の雰囲気がより一層明るく、賑やかになりました。



春号は下記URLからダウンロードできます!
http://www.kait-express.jp/kaitexpress/download.html#2014

<2014年春号「KAIT Express Vol.29」の特集から~>
「野球部 宇和島キャンプ」野球部の合宿を取材!について教えてください。
今までは、活動報告の1つとして形式的な形で掲載していましたが、今回は特集ページで紹介できたので、例年以上に野球部の活動についてアピールできたと感じております。

宇和島キャンプ取材にはAPECKの部員2名と顧問が行きました。主将やマネージャーへのインタビュー、春期リーグへ向けての練習試合などの取材を通して、野球部の意気込みを原稿にまとめました。取材中は、APECKの部員も野球部員と同じ場所で同じ食事を食べ、そのボリュームを体感したそうです。

春号の入稿前日に、宇和島キャンプの原稿と写真が届くため、私はパソコンの前に待機し、特集ページの作成を担当しました。



<毎回掲載されている“アンケート結果”の反響は?>
アンケート結果は、読者の皆さんにとても好評で、毎回楽しんでいただけているようです。質問項目は私たちが毎回決めています。「どういう結果になるのかな?」など想像しながら、楽しく話し合っています!

春号のアンケート結果は「新一年生が気になること」を想像して、前号(冬号)で読者へ質問したものです。私たちの中で密かに盛り上がった項目は『メロンパン派?クリームパン派?』です!

私はメロンパン派です。本学の第4食堂のメロンパンは、クリームも入っているので、欲張りな私の大好物です!



<次号へ向けての取組みを教えてください>
7月に発行する夏号「KAIT Express Vol.30」は節目の号なので、これまで以上に気合いが入っています。新入部員が多く入ったので、今までの20ページ構成から4ページ増の24ページ構成にすることが決まりました。

部活動紹介は3団体で、各部活動の活動報告、卒業式&入学式特集や、新入部員が担当する特集ページなど、盛りだくさんの内容です。こだわりを持って制作したいと思っています。新入部員には、初めての取材やページ制作が待っています!

<今年度の目標は?>
今年度の目標は「読み手の気持ちを考えながら制作すること」です。

私はAPECKと『KAIT Express』が大好きなので、もっともっと多くの学生に『KAIT Express』を読んでもらいたい、そして楽しんでもらいたいと思っています。そのためには、どのような掲載の仕方が良いのか、読者の皆さんにとって楽しいページするには何が必要なのかなどについて考えています。

<佐藤さんがAPECKに参加して良かったと思うことは?>
APECKの一員になって良かったのは「多くのことに興味と関心を持てたこと」です。他学科の人と話す機会があり、様々な視点があることを日々実感しています。

また、取材時や、幾徳祭、体育祭、三校戦の時などで写真を撮っているときに、多くの学生の一生懸命な様子や楽しそうな笑顔を見ると「APECKに参加して良かった!」と思います!

「今回の読んだよ~!」と友人たちが言ってくれるのもとても嬉しいです!

<最後に高校生へのアドバイスをお願いします>
大学生活で大切なのは「自分がいつ行動を起こすか」だと思います。行動することで「受け身」のときとは違う楽しさや充実感が得られると思うのです。

私は思い立ったらすぐに行動するタイプなので、気になることや場所があれば、すぐにアクセス方法を調べます。実は、APECKのことも入学前にホームページで知り、入学後の説明会に行きました。「あのとき知って良かった」と今でも思います。

本学には多くの部活動や課外活動があるので、気になることは積極的に情報収集してみることをお勧めします!

『KAIT Express』のホームページでは、バックナンバーも閲覧できるようになっているので、部活動や課外活動の情報収集に活用してください!




■神奈川工科大生が贈るクラブ情報マガジン『KAIT Express』
公式サイトはコチラ↓バックナンバーのダウンロードもできます。
http://www.kait-express.jp/

春号は下記URLからダウンロードできます!
http://www.kait-express.jp/kaitexpress/download.html#2014



>>メールマガジン登録フォームはこちら