5月2日(木) 配信メルマガ「飛び出しトーク」はこちらから

現在、神奈川工科大学にはボランティア活動を行うサークルなどの団体がいくつかあります。今回は、その中から大学内の様々なエコ推進活動を行っている「ECO推進チーム“みどり”」を紹介します。副代表の佐野さん(応用バイオ科学科3年)に活動内容についてお聞きしました。



■簡単な自己紹介をお願いします。
ECO推進チーム“みどり”副代表の佐野詩織です(応用バイオ科学科3年)。出身は山梨県です。今は大学の近くに一人暮らしをしています。

■ECO推進チーム“みどり”の目的と大まかな紹介をお願いします。
チーム“みどり”は、大学のエコ活動の推進と学生のエコを通じたコミュニケーションを目的としています。現在メンバーは新加入生30名を含め、全員で75名です。

現在、屋上菜園、アクアリウム、省エネルギー、廃棄物削減セクションの4つのセクションを主体に活動を行っています。活動日はセクション毎に違いますが、ほぼ毎日何らかの活動があります。

また、セクション活動以外にも、学外に出てボランティア活動をしたり、被災地への募金活動や、年2回の合宿、企業講演会、交流会なども行っています。今年度も新しい企画を計画中です!

チーム“みどり”には「ECO推進室」という部屋があり、昼休みや放課後にメンバーが集まって話合いをしたり、たまに、雑談などもしています。特に用が無くても毎日誰かがいるので賑わっています。真面目な面と、ラフな面を持つメリハリのあるチームなので楽しく活動することができています。

■具体的な活動内容について教えてください。

●廃棄物削減セクション
大学内の廃棄物の削減を目指しています。栄養生命科学科の調理実習で出た生ゴミを堆肥にしたり、期限切れ未使用油で石鹸を制作したりしています。今まではこの2つしか活動がありませんでしたが、今年度は、更に活動を広げていきたいと思います。

●屋上菜園セクション
廃棄物削減セクションで作った堆肥を使用して、学生サービス棟の屋上で野菜を栽培しています。育てた野菜は学食へ提供したり、学園祭の模擬店で材料に使って学生に食べてもらうことで、作った野菜が学生に返るという、学内の循環を行っています。

●アクアリウムセクション
図書館の入り口にネイチャーアクアリウム(地球の生態系を再現した水槽)を設置し、管理しています。このセクションは直接エコには関係がないように思えますが、水槽を見た人に癒しを与え、エコについて考えるきっかけ作りとして活動しています。

●省エネルギーセクション
学内の省エネ推進を目的としています。放課後の教室を回って電気や冷暖房の消し忘れをチェックしたり、夏には打ち水をして省エネを考えてもらう活動を行っています。(夏季設定温度:28度、冬季設定温度:20度)

sagyou

utimizu
■一般の学生を交えての活動もありますか?

メンバー以外の学生や教職員の方も一緒に行う活動もいくつかあります。先日は「校内美化活動」という花植えの活動を行いました。

他にも夏の打ち水や募金があります。なかなか、一般の学生に参加して頂けないので、今後活動の回数を増やしたり、広報を行っていこうと思っています。

kadanseibi

■佐野さんが参加しようと思ったきっかけは?
私は1年の4月からチーム“みどり”に参加しています。きっかけは屋上菜園セクションでした。一人暮らしをしたらベランダで家庭菜園をしたかったのですが、それが出来なかったので、チーム“みどり”で屋上菜園をやろうと思って入りました。

今はアクアリウムのリーダーとして活動しているので、入ったきっかけとは違うセクションですが、楽しく活動しています。

■参加して良かったと思うことはどのようなことですか?
私がチーム“みどり”に入って良かったと思うことはいくつもあります。でも、何よりも良かったと思うのは、毎日が充実しているということです。特に副代表になってからは、学外に出て行く機会も増え、沢山の経験をさせてもらっています。また、毎日ECO推進室に居てセクションの活動や、チーム“みどり”の活動があるので、毎日することがあり充実しています。

■最後に高校生へのアドバイスをお願いします。
自分のいる環境がどんなものでも、自分の意識によって良くも悪くもなると私は大学生になって感じました。毎日楽しいことがあったり、落ち込むようなことがあったり、立ち止まることもありますが、充実した大学生活を送っています。

もちろん、勉強もちゃんとやらなくてはいけませんが、
大学に入ったら自分のやりたいことを思う存分やって楽しんでください!! 

2012gakusensai

■KAITメルマガ飛び出しトーク バックナンバー(2012年3月、4月)より
神奈川工科大学のボランティア団体の活動内容はコチラ↓

・ボランティアサークルLOCORO
・ECO組
・KAIT BLUE
・KWR修理屋
http://www.kait.jp/mailmagazine/talk20120301.html

・Bio Club ホタルプロジェクト
・高齢者健康支援サークル
・ECO推進チーム“みどり”
http://www.kait.jp/mailmagazine/talk20120405_1.html

*掲載時の情報と現在では活動内容が一部異なる場合もあります。



>>メールマガジン登録フォームはこちら